新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京五輪の開催は不可能?緊急事態宣言で海外メディアが疑念 ボランティアも辞退が続出!「パンデミックで深刻な影響」


*東京五輪
2021年夏に開催が予定されている東京オリンピック・パラリンピックについて、開催が中止になるとの論調が高まっています。

海外メディアは日本で再び緊急事態宣言が発令されたとして、「東京オリンピックの開催に疑念」「オリンピックはパンデミックで深刻な影響」などと取り上げ、このままだと開催すら危ぶまれると報道。
複数の選手や国から東京オリンピックの辞退を訴える声があるとも報道されており、東京オリンピックの開催が絶望的になったと取り上げているメディアもありました。

日本国内においても五輪ボランティアを辞退する人が相次ぎ、SNSで数十人の人達が「辞退をした」「辞退を考えている」というような報告をツイートしています。

スポーツ報知の記事によると、組織委関係者は「海外の反応が大きな懸念材料」とコメントし、海外の反応によっては無観客や中止になる可能性があると言及。
国単位で選手派遣を取り止めるケースもあり得るとして、現状が逆風であると認めていました。

菅首相は東京オリンピックの開催に強い決意を表明していましたが、この流れだと良くても無観客、最悪のケースで全面中止となりそうです。

 

Les Jeux Olympiques et Paralympiques de Tokyo dans le flou en raison de la propagation du virus au Japon
https://sport.francetvinfo.fr/les-jeux-olympiques/les-jeux-olympiques-et-paralympiques-de-tokyo-dans-le-flou-en-raison-de-la

機械翻訳:
東京オリンピック・パラリンピックの公式スタートまであと200日で、このイベントは再び途方に暮れています。健康危機のためにすでに2021年7月に延期されていた2020年のオリンピックは、この名前を維持しましたが、日本の首都を荒廃させる可能性のあるCovid-19汚染の復活により、新たな不確実性に直面しています。 ‘緊急。

東京では、不確実性が支配しています。 Covid-19の陽性症例数の増加により、2020年のオリンピックおよびパラリンピックゲームは再び脅威にさらされています。日本の首都は再び緊急事態に陥る可能性があります。これは、大会準備の減速と同義の状況です。

これは、地方自治体による年初以降に行われたいくつかの電話に対応する要求です。日本の菅義英首相は、東京と近隣の3県で緊急事態を宣言しようとしていると言われています。問題は?今週の日曜日の24時間で816件、3日前に1,300件以上の症例が宣言されたウイルスの新たな広がりの波。国のこれらの記録的な数字は、それがパンデミックによって深刻な影響を受けていることを示しています。

東京五輪、緊急事態宣言再発令なら「非常に厳しい」
https://hochi.news/articles/20210105-OHT1T50002.html 

政府が4日、新型コロナウイルスの感染拡大により、首都圏1都3県に緊急事態宣言発令の検討に入ると表明したことで、今夏に延期された東京五輪も危機的な状況を迎えた。菅義偉首相は従来通りの開催方針を口にしたが、アスリートを含め、大会への準備が滞るのは必至。五輪組織委関係者は「非常に厳しい状況」と指摘した。発令日は7日か8日が有力。開催中の全国高校サッカー選手権や、16日に開幕するラグビー・トップリーグへの影響も不透明で、各方面から戸惑いの声が上がった。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!