新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナウイルスワクチン、国内で初めて副作用の疑い報告!富山県の病院でじんましんの症状 


*厚生労働省
日本国内で初めて新型コロナウイルスのワクチンを接種した後に、副作用と見られる反応が確認されました。

厚生労働省と首相官邸の発表によると、副作用の症状が見られたのは富山県の病院で医療従事者向けの先行接種を受けた方で、皮膚及び口腔内のアレルギー反応(じんましん)が報告されたとのことです。
2月19日の段階で5000人以上の人が新型コロナウイルスのワクチン接種を行なっており、副作用の発生率は現時点では極めて低いとされています。

海外だと重いアレルギー反応が見られた事例もありますが、依然として不明確な部分も多いです。
厚生労働省は引き続き新型コロナウイルスのワクチン作用を調査する方針で、安全対策の周知徹底を呼び掛けるとしています。

 

新型コロナワクチンの接種後の副反応疑い報告の事例について
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16874.html

新型コロナワクチンの接種後の副反応疑い報告において、本日17時までに下記の報告があったため、情報提供します。
【報告のあった症状】
・皮膚及び口腔内のアレルギー反応(じんましん) 1件
・冷感・悪寒戦慄※ 1件
※当初アナフィラキシーとして報告されましたが、その後報告者から症状名が訂正された事例です。

コロナワクチン 国内初の副反応の疑い 富山県でじんましん発生
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210220/k10012878071000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、政府は医療従事者向けの先行接種が始まった富山県の病院で、副反応の疑いがある、じんましんの発生があったと公表しました。国内での接種で副反応の疑いが公表されるのは初めてです。

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!