新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

政府が緊急事態宣言の早期解除を中止か 各地で感染者の減少ストップ、早期解除なら3度目の緊急事態宣言も視野 大阪は解除要請か


*官邸
政府が緊急事態宣言の早期解除を中止する方向で検討していることが分かりました。
これはNHKなどを中心に複数のメディアが報道した情報で、政府は新型コロナウイルスの感染者数が中々減らない現状に強い危機感を抱いており、このまま早期に緊急事態宣言を解除すると再び感染が拡大する恐れがあるとして、早期解除に否定的な論調が強まっているとのことです。

大阪府の吉村知事は来週にも緊急事態宣言の早期解除を要請するとしていますが、現在の情勢だと早期解除は行われない可能性が高く、政府の専門家や有識者からも早期解除に反対する声が相次いでいると報じられています。

問題となっているのは感染者数の減少が止まっている点で、京都大学の西浦博教授らが行なった予想でも夏頃までには緊急事態宣言前の高い数値に戻ると試算されていました。
今の段階で感染者数をシッカリと減らしておくことは極めて重要だと言え、政府が目先の経済を優先して早期解除を決めるのかどうか、引き続き注目する必要がありそうです。

 

経済学者「3度目の宣言に至れば致命的」 緊急事態、早期解除に急ブレーキ
https://news.yahoo.co.jp/articles/5662ddfc210bfc246afb49f58839e8c95946201e

 福岡県を含む10都府県に発出中の新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言で、早期解除の機運が急にしぼみつつある。代表的な指標の新規感染者数は相当減少してきているものの、専門家は「減少スピードの鈍化」も指摘。政府は当初、ステージ3(感染急増)に入れば―としていた宣言解除基準を、ステージ2(感染漸増)に確実に移行できるレベルまで改善していること、と厳格化した。期限は3月7日だが、どうなるか。

緊急事態宣言解除要請 大阪知事「来週にも3府県知事で協議」
https://mainichi.jp/articles/20210217/k00/00m/040/205000c

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除要請を巡り、大阪府の吉村洋文知事は17日、来週中に京都、兵庫両府県の知事と協議する意向を示した。大阪府と京都府は要請を判断する独自基準を既に満たしたが、西脇隆俊・京都府知事は早期の解除要請に慎重な姿勢を示しており、関西3府県で足並みがそろうかが焦点になる。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!