新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【文春砲】NTTの接待問題、高市早苗議員や野田聖子議員らも接待を受けていた!週刊文春が極秘文書をスクープ!


総務省とNTTの接待問題で、政府の大臣クラスも過去に接待行為を受けていたことが分かりました。

週刊文春の3月18号に掲載された記事によると、週刊文春はNTTの内部文書を入手し、それによって総務省の政務三役(大臣、副大臣、政務官)にも接待行為が及んでいたことが発覚。
過去に接待を受けた政治家の名前として、野田聖子衆院議員と高市早苗衆院議員、、坂井学衆院議員、寺田稔衆院議員らが取り上げられていました。

現職中に接待を受けたのは計4人で、他にも退任した政治家を含めれば計15人、延べ41回も接待行為があったと報じられています。

今までの名前とは格段に上の存在だと言え、大臣クラスまで接待行為が行われていたのだとすれば、政権が事実上の黙認をしていたとも考えられるところです。
国会で問題視されているNTTの接待疑惑に大きな爆弾が投下された形で、このスクープ記事は政権を揺るがすことになるかもしれません。

 

内部文書入手 NTTが総務大臣、副大臣も接待していた
https://bunshun.jp/articles/-/43953

総務省事務方ナンバー2の谷脇康彦総務審議官が3月8日に更迭されるなど、波紋を広げているNTTの総務省への接待問題。今回、NTT側が、官僚を接待していた“迎賓館”で、大臣、副大臣ら総務省に関係する政治家に対し、繰り返し接待を行っていたことが「週刊文春」が入手したNTTの内部文書からわかった。現職中に接待を受けたのは計4人、延べ6件。また、NTTは総務省の政務三役(大臣、副大臣、政務官)を退任した政治家にも接待を繰り返しており、計15人、延べ41回にのぼる。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!