新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

緊急事態宣言のさらなる延長案が浮上!分科会の尾身茂会長が言及 「今後、変異ウイルスが主流になる恐れ」


政府の分科会の尾身茂会長が緊急事態宣言のさらなる延長について言及しました。

発言が飛び出てきたのは衆議院厚生労働委員会で、尾身茂会長は「客観的、社会的に説明がつかないようなしかたでの解除や延長はやるべきではない」とコメントし、医療機関への負担状況が解除の一番重要な基準になると強調。
首都圏の緊急事態宣言は変異株の感染状況を含め、引き続き監視体制を強化するとしていました。

現時点で緊急事態宣言の期間は3月7日から3月21日まで再延長されていますが、これが延長となれば、4月頃まで緊急事態宣言が続くことになりそうです。

 

政府分科会 尾身会長「変異株が主流に 監視体制強化を」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210310/k10012907281000.html

新型コロナウイルスへの対応をめぐり、政府の分科会の尾身茂会長は、衆議院厚生労働委員会で、今後、変異ウイルスが国内でも主流になっていくという認識を示し、監視体制を強化する必要性を強調しました。

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!