新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

フジテレビや日テレも外資20%超で違反か 東北新社だけの取り消しに疑問 総務省は調査へ


*総務相
東北新社が外資規制の20%を超えているとして、東北新社子会社が衛星放送事業の認可で取り消しとなりましたが、他にもフジテレビや日本テレビでも外資比率が20%を超えていることが分かりました。

これは複数のメディアが取り上げており、武田良太総務相が行った3月23日の記者会見では記者からも「外資規制の20%を超えている放送局がある」などと指摘を受けていました。
現時点で事実関係を確認している最中だとして、武田総務相は言及を避けていましたが、仮に外資規制の違反が確認された場合、東北新社と同じように衛星放送事業などの取り消しとなる見通しです。

ただ、外資規制に違反していた時期が分からず、事業の申請前後から違反していたのかどうかが重要になると思われ、その辺りの政府判断によっては事業停止まで踏み込まない可能性があるかもしれません。

 

フジ、日テレも外資20%超 総務相「確認する」
https://www.zaikei.co.jp/article/20210324/613531.html

 武田良太総務大臣は23日の記者会見で放送法が外資規制(20%未満)している中で、フジメディアホールディングスと日本テレビホールディングスも外資比率が20%を超えていることを記者団に指摘され「 事実関係をよく確認した上で、適切に対処していく」とのみ答えた。

外資規制を巡っては、規制を超えているとして総務省は東北新社から衛星放送事業を継承した東北新社子会社の認可の取り消し手続きに入っている。

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!