新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

尾身会長の五輪批判に菅義偉首相が大激怒!「黙らせろ。専門家の立場を踏み超え勘違いしている」自民党「言葉が過ぎる」


*官邸
東京オリンピック・パラリンピックで新型コロナウイルスの感染が拡大するかもしれないと言及した分科会の尾身茂会長に対して、自民党や菅義偉首相が大激怒しています。

朝日系列のメディア報道によると、官邸関係者は菅首相の発言として、「黙らせろ。専門家の立場を踏み超え勘違いしている。首相にでもなったつもりなんじゃないか」というような強い言葉があったと紹介。
尾身会長の五輪否定発言に菅首相は大激怒し、尾身会長が謀反を起こしたと感じているのが現状だと取り上げていました。

尾身会長は6月4日の国会でも東京オリンピックのリスクを指摘しており、政府に明確な説明をするように求めています。

それに対して自民党からも「言葉が過ぎる。やるって言ってるんだから、それ以上でもそれ以下でもない」などと尾身会長を批判する意見がある状態で、尾身会長と菅政権で対立する構図になっているのです。
東京2020大会における新型コロナウイルス対策のための専門家ラウンドテーブル会議にも尾身会長は入っておらず、菅首相が尾身会長の排除に動き出したとの情報も見られます。

それだけ菅首相と尾身会長の意見衝突が激しくなっているのだと思われ、このまま両者の対立が深まると、政府のコロナ対応にも大きな影響を与えることになりそうです。

 

「黙らせろ」尾身会長の”謀反”に菅首相が激怒 意地の張り合いで権力闘争が激化 〈dot.〉
https://news.yahoo.co.jp/articles/64897d3428fab5ac5bd6022cf81f448fa3a3abd0

東京五輪・パラリンピック開催をめぐり連日、新型コロナウイルス感染リスクについて強い警告を発している政府対策分科会の尾身茂会長に対し、菅義偉首相が激怒しているという。

「『黙らせろ。専門家の立場を踏み超え勘違いしている。首相にでもなったつもりなんじゃないか』などと怒りを爆発させています。尾身会長を菅首相が最近、ひどく疎んじているのは間違いありません。もともと御用学者として側に置いていた尾身会長が謀反を起こし、自分の敵になったという意識が日に日に強くなっています」(政府関係者)

菅首相と尾身会長の対立が深まったのは5月14日、延長される緊急事態宣言に北海道などを追加で含めるか、否かを協議した時だという。

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!