新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

豚熱(豚コレラ)が17都府県にジワジワ拡大、関東各地でもイノシシの感染発覚 政府の対応遅れで収束できず

*政府広報
豚熱(旧名:豚コレラ)が全国各地にジワジワと拡大しています。

日本農業新聞の集計によると、感染が確認されたイノシシの生息範囲が2020年度は昨年の12県から17都府県に拡大し、東京や京都、新潟などでも相次いで感染が判明したとのことです。
1ヶ月あたりの感染頭数は減っていますが、感染範囲で収まる気配が無く、県も野生イノシシの捕獲と抗体検査の範囲を拡大して対応を急いでいます。

2018年(平成30年)9月に岐阜県岐阜市で発生が確認されてからずっと豚熱の流行は続いており、政府が風評被害を気にして経口ワクチンの散布を渋ったこともあって、感染収束の目処は立っていません。
新型コロナウイルスが出てきてからはあまり報道されることも無くなってきましたが、依然として豚熱の感染流行も軽視できないと言えるでしょう。

 

豚熱イノシシ拡大じわり 19年12県→20年17都府県 1カ月当たり感染頭数減も 各地、防疫を徹底
https://news.yahoo.co.jp/articles/03d6b4867b0c1888bf73496cbc8ccdb4dc89bd6d 

豚熱に感染したイノシシの生息範囲が、じわり拡大している。岐阜などでは感染確認頭数のペースは大幅に減っているものの、東京や京都、新潟などでは今年に入って感染が発覚。昨年までの12県が、今年は17都府県147市町村に広がった。各都府県はイノシシへの経口ワクチンの散布、養豚農家らは防護柵の設置や消毒をして防疫対策を徹底する

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!