新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

千葉県で再び幻の巨大サメ「メガマウス」を確認!港の岸壁に浮上、貴重な泳ぐシーンも撮影!連続出現は地震前兆との噂


幻の巨大サメと言われている「メガマウス」が千葉県館山市の港の岸壁で目撃されました。
地元住民の話だと、メガマウスは6月15日昼ごろに港の岸壁で泳いでいる姿が発見され、翌日の16日にも複数の住民らがメガマウスを見たと報告。

その様子はSNSに画像や動画で投稿されており、およそ4メートルほどの巨体が海を泳いでいる様子が綺麗に映っていました。

基本的にメガマウスは深海に生息していることが多く、浅い場所まで泳いでくるのは非常に珍しいです。
ネット上だといわゆる地震や災害の前兆とも言われることがあり、実際にメガマウスが出現すると2ヶ月以内にマグニチュード6前後の強い地震がほぼ発生しています。
連続出現に「千葉沖で何か異変が起きているのでは」と指摘する声もあるほどで、メガマウスの出現で色々な憶測が飛び交っていました。

 

巨大サメ「メガマウス」か 港の岸壁で目撃相次ぐ 千葉 館山
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210616/k10013088001000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

千葉県館山市の港の岸壁で、巨大なサメ「メガマウス」と見られる目撃情報が相次ぎ、専門家は「傷ついて弱ったために岸に近づいてきたのかもしれない」と話しています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!