新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

赤木ファイルを開示、森友学園問題の重要資料に注目 佐川理財局長に説明後修正 決裁文書の改ざんで詳細報告


森友学園の国有地売却問題で自殺に追い込まれた近畿財務局の元職員赤木俊夫さんが作った資料である「赤木ファイル」の内容が開示されました。

NHKや朝日新聞の記事によると、開示された赤木ファイルは約500ページあり、財務省の決裁文書の改ざんを決める過程が細かく記載されていたとのことです。
その中には「佐川理財局長への説明後に再度修正した」「決裁済の文書の修正は行うべきでないと財務省本省に強く抗議した」「説明があったが納得できず、過程を記録する」というような記述が見られ、決算文書の改ざんを決定した財務省側と激しい対立をしていたことも判明。

また、決算文書の改ざんを誰がどのように指示を出したのかも記録されており、近畿財務局の対応などが一覧表にまとめられていました。

妻の雅子さんは夫・俊夫さんの死亡に関して、「改ざんを強いられたのが原因だ」と主張し、国と佐川宣寿元同省理財局長に損害賠償を請求しています。
赤木ファイルの詳細な内容は確認中となっていますが、その内容によっては政権与党を揺るがす事になりそうです。

 

「赤木ファイル」開示 改ざんの過程を詳細に記録
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210622/k10013097121000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

財務省の決裁文書の改ざんに関与させられ自殺した、近畿財務局の赤木俊夫さんが職場に残した、いわゆる「赤木ファイル」が開示されました。この中で、赤木さんは強く抗議したのに改ざんが続けられたため、その過程を記録したと記していて、財務省本省の指示の内容などが詳細にまとめられています。

国が遺族側に「赤木ファイル」を開示 森友公文書改ざん
https://www.asahi.com/articles/ASP6Q34VHP6PPTIL002.html?ref=tw_asahi

 学校法人森友学園(大阪市)への国有地売却をめぐる財務省の公文書改ざん問題で、国は、自死した同省近畿財務局職員赤木俊夫さん(当時54)が改ざんの経緯を記したとされる「赤木ファイル」を妻・雅子さん(50)側に開示した。雅子さんの代理人弁護士の事務所に22日、郵送で届いた。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!