新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京都医師会が臨時記者会見!東京五輪の酒類販売に怒り!尾崎治夫会長「五輪だけ別物・特例的という話が」「国民の疑問が強い」


*記者会見
6月22日に東京都医師会の尾崎治夫会長が緊急の記者会見を行い、東京オリンピック・パラリンピックの観客人数1万人と酒類の販売について怒りのコメントを出しました。

尾崎会長は東京オリンピックの方針決定について、「感染防止のため、飲食店の方々などにこれだけのご苦労をかけながら、矢継ぎ早に観客は入れる、開会式は2万人規模、そして酒類も提供するという話になると、国民・都民は、“どうしてそうなってしまうの?”という思いが強くなると思う」と述べ、東京オリンピックの動きは多くの都民や国民が疑問に感じていると指摘。

東京オリンピックだけが特例的で別物だとして、「社会では感染予防に対して厳しい状況が続く中、なんだかオリンピックだけは特例的、別物だという話がどんどん出てくると、みんなでしっかり応援して、盛り上げていこうという空気が薄れてしまうのではないかと危惧する」とも発言していました。

先日の5者協議で東京オリンピックは観客人数を1万人とする方向で決定となり、総数で200万人以上を動員する計画だと明らかにしています。
これが新型コロナウイルスの感染拡大に繋がるかもしれないと東京都医師会が警鐘を鳴らした形で、五輪の無観客開催を含めて厳しいウイルス対策を実施するように政府に要請していました。

 

五輪パラ “無観客開催も” 東京都医師会など意見書提出
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210621/k10013095381000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

東京オリンピック・パラリンピックの開催都市、東京都や都内各地区の医師会は、新型コロナウイルスの収束の見通しが立たない中で大会を開催するのであれば、大会の開催によって通常医療が圧迫されないことを必須条件とし、無観客での開催を探るとともに、観客を入れた場合でも感染状況によって無観客や中止とすることも考えるべきとする意見書を大会組織委員会の会長らに提出しました。

“酒類販売容認”報道に「競技と関係あるのか。しっかり見直すなりしていただきたい」東京都医師会・尾崎会長
https://news.yahoo.co.jp/articles/51d67bedac60cd6e3479a2469ae64a173c3cfc5b?source=rss

 22日夕方に開かれた東京都医師会の臨時の記者会見で、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が会場での酒類の販売を認める方向で調整していると報じられたことについて、尾崎治夫会長が「しっかり見直すなりしていきただきたい」と述べた。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!