新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

宮内庁から再び五輪懸念のコメント!池田次長「天皇陛下が名誉総裁、感染防止対策に対応を」


*宮内庁
宮内庁から再び東京オリンピックの開催に懸念を示すコメントが出されました。

今度は宮内庁の池田次長が28日の定例の会見で、「それぞれ役割を担う関係機関において安全安心な大会にすべく、努力をなされていると承知をしている。天皇陛下が名誉総裁のお務めをつつがなく、安らかになされるよう、関係機関が連携して感染防止対策に対応していただくことがいいと考えます」と述べ、東京オリンピックの感染防止対策を強化するように要請。

天皇陛下が東京オリンピックの名誉総裁だと強調した上で、感染防止対策が重要だと繰り返していました。

西村長官に続いて東京オリンピックの感染防止対策に疑念を投げ掛けたコメントだと言え、宮内庁として東京オリンピックの感染拡大を強く懸念しているとのメッセージになっていると見ることが出来そうです。

宮内庁としては東京オリンピックに出席した天皇陛下が新型コロナウイルスに感染することを最も懸念しているわけで、シッカリとした感染防止対策を求めるのは至極当然の話だと言えるでしょう。

 

宮内庁次長 東京五輪「天皇陛下が名誉総裁 感染防止対策を」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210628/k10013108601000.html

来月開幕する東京オリンピックについて、宮内庁の池田次長は「天皇陛下が名誉総裁のお務めをつつがなく、安らかになされるよう、関係機関が連携して感染防止対策に対応していただくことがいい」と述べました。

宮内庁の池田次長は、28日の定例の会見で天皇陛下が名誉総裁に就任されている東京オリンピック・パラリンピックについて「それぞれ役割を担う関係機関において安全安心な大会にすべく、努力をなされていると承知をしている。天皇陛下が名誉総裁のお務めをつつがなく、安らかになされるよう、関係機関が連携して感染防止対策に対応していただくことがいいと考えます」と述べました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!