新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

気象予報士の依田司さんがコロナ感染 ワクチンの副反応発言で撤回 「L-452R変異株でした」「副反応ではありません」


*インスタグラムより
ニュース番組で活動をしている気象予報士の依田司さんが新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。

6月27日に自身のインスタグラムで依田さんは「昨夜はコロナワクチンの副反応が重く出てサタデーステーションをお休みしました。きょうで4日目ですが、日に日に体温があがり、今朝はついに39.4度となりました。夜間は体全身がブルブルと震える悪寒が20分ほど続き、このまま死ぬのかと思ったほど」と報告し、医療機関で治療を受けている最中だとコメント。

その後にも追加で、「今朝、検査結果が届きL-452R変異株(インド株)陽性との事でした」「私に出ていた症状は新型コロナウイルスによるものです。副反応ではありません」と述べ、一連の症状はワクチンの副反応ではなく、新型コロナウイルスに感染していた影響だったと明らかにしました。

ワクチン接種のタイミングに近かったことから勘違いしてしまったとして、「これからワクチン接種をされる皆様に、大いなる不安と恐怖を与えてしまったものと想像しております。本当に申し訳ございませんでした」とも謝罪しています。

ワクチン接種の副反応と新型コロナウイルスの症状は異なる部分があり、両者を照らし合わせることでどちらが原因なのかは把握することが可能です。

ただ、新型コロナウイルスには未知の症状や変異株がまだある上に、ワクチンも副反応の範囲で不明点があるため、ワクチン接種直後の感染は混乱しやすいのも事実だと言えます。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!