日産・ルノー・三菱の3社連合が新組織設立!3社の合議制で活動へ ゴーン前会長の体制を変更、スナール会長は日産会長に就かず


3月12日に日産自動車とフランスのルノー、三菱自動車のトップらが共同記者会見を行い、合同で提携戦略を決める新組織「アライアンス・オペレーティング・ボード」を設立すると発表しました。この新組織は従来の体制を見直すとして、新組織の議長にはルノーのジャンドミニク・スナール会長が就き、3社の最高経営責任者(CEO)を含む4人を中心に方針を決めるとしています。
今までカルロス・ゴーン前会長に権限が集中していましたが、それを3社の合議制にするというような形です。

また、ルノーのジャンドミニク・スナール会長は日産自動車の会長人事にも触れ、自身の就任をハッキリと否定する発言をしていました。当初はルノーが日産の会長職を抑えると見られていましたが、それだけにこの方針には驚きの声が相次いでいます。

背景には日産自動車を巡る日本政府とフランス政府の駆け引きがあると思われ、日産自動車を懐柔するためにルノーは止む無く会長職を断念した可能性がありそうです。元々、カルロス・ゴーン前会長の逮捕劇は日産自動車側のクーデターと言われているだけに、ルノーが会長職を譲歩する形で幕引きを狙っているのかもしれません。

 

日産会長ポスト、ルノーなぜ譲った 3社連合めぐる思惑
https://www.asahi.com/articles/ASM3D7H35M3DULFA028.html

 仏ルノーのジャンドミニク・スナール会長が12日、焦点となっていた日産自動車の会長人事に言及し、自身の就任を明確に否定した。ルノーや大株主の仏政府はスナール氏を日産の後任会長に据えて、日産への影響力の維持を狙っているとみられていた。ルノーが日産に譲歩した背景には何があったのか。

日産など3社連合が唯一の新組織設立、ルノー会長は日産会長に就かず
https://jp.reuters.com/article/nissan-renault-mitsubishi-idJPKBN1QT0US

[横浜市 12日 ロイター] – 企業連合(アライアンス)を組む日産自動車(7201.T)、仏ルノー(RENA.PA)、三菱自動車(7211.T)は12日、提携戦略を決める新組織「アライアンス・オペレーティング・ボード」を設立すると発表した。新組織は、議長にルノーのジャンドミニク・スナール会長が就き、3社の最高経営責任者(CEO)を含む4人を中心に構成する。カルロス・ゴーン前会長に権限が集中していた旧体制と決別し、今後は新組織を通じて3社トップによる合議制で戦略を策定する。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    バカウヨ 「(朝日記者)」

  • 匿名 より:

    >忖度
    >2019年3月13日 12:09 PM
    >>テレビカメラが30台ぐらい並んでいる。

    >西日本豪雨、やってる感の演出を思い出させる。

    騙しリンクのスパム投稿。削除願います。ここの記事は「日産・ルノー・三菱の3社連合が新組織設立!3社の合議制で活動へ ゴーン前会長の体制を変更、スナール会長は日産会長に就かず」です。話題そらしは別の場所でどうぞ。

  • 匿名 より:

    海外からの批判が強まった長期勾留

  • 匿名 より:

    >日産自動車側のクーデターと言われているだけに

    日産自動車側???

  • 510 より:

    どーでもいいけどルノーのクルマ、日本では全然売れてないのにね。ニッサンや三菱が売れていないルノー(≒フランス政府か)に牛耳られているのがそもそも複雑。

  • 匿名 より:

    > 2019年3月13日 12:11 PM
    同感。
    >2019年3月13日 3:36 PM
    日産はルノーの持ち分法適用会社。
    簡単に言えば非連結子会社。
    日産の自己株式は0.7%、ルノーの持ち株は43.4%。
    もし喧嘩になったら、あと7%ルノーが日産株を買い増せば日産株の50%を超え、連結子会社、完全子会社となる。
    フランス政府と日産の板挟みになっていたゴーンを追放したのは、日産にとってはマイナスだった。助かったのは次の取締役会で更迭されることが決まっていた西川だけ。
    どんなに策略を弄しても子会社が親会社に勝てるわけがない。