新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日産・ルノー・三菱の3社連合が新組織設立!3社の合議制で活動へ ゴーン前会長の体制を変更、スナール会長は日産会長に就かず


3月12日に日産自動車とフランスのルノー、三菱自動車のトップらが共同記者会見を行い、合同で提携戦略を決める新組織「アライアンス・オペレーティング・ボード」を設立すると発表しました。この新組織は従来の体制を見直すとして、新組織の議長にはルノーのジャンドミニク・スナール会長が就き、3社の最高経営責任者(CEO)を含む4人を中心に方針を決めるとしています。
今までカルロス・ゴーン前会長に権限が集中していましたが、それを3社の合議制にするというような形です。

また、ルノーのジャンドミニク・スナール会長は日産自動車の会長人事にも触れ、自身の就任をハッキリと否定する発言をしていました。当初はルノーが日産の会長職を抑えると見られていましたが、それだけにこの方針には驚きの声が相次いでいます。

背景には日産自動車を巡る日本政府とフランス政府の駆け引きがあると思われ、日産自動車を懐柔するためにルノーは止む無く会長職を断念した可能性がありそうです。元々、カルロス・ゴーン前会長の逮捕劇は日産自動車側のクーデターと言われているだけに、ルノーが会長職を譲歩する形で幕引きを狙っているのかもしれません。

 

日産会長ポスト、ルノーなぜ譲った 3社連合めぐる思惑
https://www.asahi.com/articles/ASM3D7H35M3DULFA028.html

 仏ルノーのジャンドミニク・スナール会長が12日、焦点となっていた日産自動車の会長人事に言及し、自身の就任を明確に否定した。ルノーや大株主の仏政府はスナール氏を日産の後任会長に据えて、日産への影響力の維持を狙っているとみられていた。ルノーが日産に譲歩した背景には何があったのか。

日産など3社連合が唯一の新組織設立、ルノー会長は日産会長に就かず
https://jp.reuters.com/article/nissan-renault-mitsubishi-idJPKBN1QT0US

[横浜市 12日 ロイター] – 企業連合(アライアンス)を組む日産自動車(7201.T)、仏ルノー(RENA.PA)、三菱自動車(7211.T)は12日、提携戦略を決める新組織「アライアンス・オペレーティング・ボード」を設立すると発表した。新組織は、議長にルノーのジャンドミニク・スナール会長が就き、3社の最高経営責任者(CEO)を含む4人を中心に構成する。カルロス・ゴーン前会長に権限が集中していた旧体制と決別し、今後は新組織を通じて3社トップによる合議制で戦略を策定する。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!