新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京五輪のボランティアに「自宅からユニホーム着用」を指示!一部の活動場所で更衣室が無し、祝祭感を演出


*メルカリ
今月に開催が予定されてる東京オリンピック・パラリンピックで、約7万人のボランティアを対象にして、活動日にユニホーム姿で自宅から通うように指示が出ていることが分かりました。

東京新聞の記事によると、大会組織委員会は「一部の活動場所で更衣室がない「市中に祝祭感を演出する」として、ボランティアには自宅からユニホーム姿で大会会場まで移動するように要請したとのことです。
ボランティア側からは「どう思われるか」「石を投げられるんじゃないか」などと反対や懸念の声もあったと報じられていますが、最終的に組織委員会が押し切ったと見られています。

参加するボランティアの中には会場付近のトイレで着替えるというような話をしている方も居ますが、これだけ東京オリンピックの中止を求める声が高まっていることを考えると、移動中にトラブルが起きる可能性も十分に考えられるところです。
それだけにボランティアの原則ユニホームを批判する声が多数となっていますが、組織委員会はそのような意見を無視して強引にユニホーム着用を推進しています。

 

「石投げられるかも…」 五輪パラ組織委の「自宅からユニホーム着用」指示にボランティア困惑
https://www.tokyo-np.co.jp/article/115857

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会が7万人のボランティアに対して、活動日は自宅からユニホーム姿で通うように指示していることが分かった。一部の活動場所で更衣室がないことに加え、市中に祝祭感を演出する狙いがあるという。だが、新型コロナウイルス感染症拡大への不安から大会への批判は根強く、「道中で嫌がらせを受けかねない」と参加者に困惑が広がっている。 (原田遼)

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!