新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

アーチェリー女子選手が熱中症で倒れる!NHK「東京都で32℃以上の最高気温、運動は中止しよう」


*SNS
7月23日に都内のアーチェリー場で行われたアーチェリー女子のランキング・ラウンドで、ロシアのスベトラナ・ゴムボエワ選手が熱中症で競技終了後に意識を失って倒れたことが分かりました。

スポニチの記事によると、ゴムボエワ選手が熱中症で倒れたのは午前の試合が終わった直後、気温が30℃で、湿度も60%を超える数字になっていたとのことです。
倒れた直後に医療スタッフらの介抱を受けてすぐに意識を取り戻したと報道されていますが、突然に選手が倒れたことに騒然となりました。

東京都の暑さは世界的に見ても非常に厳しく、NHKが発表している暑さ指数でも23日は赤くなり、「運動を中止しよう」との注意情報が掲載されているほどです。
東京オリンピックが行われていることもあって、NHKの運動中止呼び掛けは注目を集め、ネット上で物議を醸しています。

 

ROCのアーチェリー女子選手が熱中症でダウン 競技終了後に意識を失う
https://news.yahoo.co.jp/articles/40239d008e37b36f51f9c2e7ff5a64eb3f53f1d0

 23日に東京・夢の島公園アーチェリー場で行われたアーチェリー女子のランキング・ラウンドに出場したロシア五輪組織委員会(ROC)のスベトラナ・ゴムボエワ(23)が、競技終了後に意識を失ってチームメートの前で突然倒れ込んだ。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!