新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ワクチン接種後に5人が緊急搬送、20代男性も意識失い倒れる… 副反応と見られる症状 名古屋の集団接種会場


*厚生労働省
名古屋市のワクチン集団接種会場で男女5人らが副反応の疑いで緊急搬送されたことが分かりました。

東海テレビの記事によると、倒れたのは10月9日と10月10日に新型コロナウイルス用のワクチンを接種した20代から40代の男女5人で、その内の20代男性に関してはワクチン接種後に一時意識を失って倒れたとのことです。
いずれも命に別状は無いと報道されていますが、別の20代男性からは血圧が急激に低下するショック反応や30代男性のけいれんなど症状が報告されていました。

名古屋市の話だと、若い層のワクチン接種が増えたことで意識を失うなどの重い報告が増えたとして、新型コロナウイルスの副反応ではないかとして調査を続けています。

現時点で名古屋市の緊急搬送は計35人となっていますが、これから更に増える恐れもあり、ネット上ではワクチン接種を警戒する声が相次いでいました。
ヨーロッパの一部地域ではワクチン接種を見直した国も見られ、ワクチンの副反応を警戒する流れは世界的に強まっています。

 

接種後に意識失い倒れた20代男性も…副反応疑いで5人救急搬送 10/9-10に名古屋の集団接種会場で
https://www.tokai-tv.com/tokainews/article_20211011_12520

名古屋市の集団接種会場で10月9日と10日に新型コロナワクチンを接種した20代から40代の男女5人が救急搬送されました。副反応の疑いがあるということです。
市によりますと、10月9日と10日、市内の5か所の集団接種会場でワクチンを接種した20代から40代の男女5人に副反応を疑われる症状が出たため、救急搬送されたということです。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!