新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

熊本の阿蘇山で複数の噴火観測、噴火警戒レベル2に引き上げ!火山性微動の振幅も拡大 市街地に火山灰が降る


熊本県の阿蘇山で火山性微動や噴火活動が増えているとして、気象庁が噴火警戒レベルを1から2に引き上げました。

10月14日4時43分ごろに発生した噴火では噴煙が火口上空2000メートル程度まで上昇し、周辺の市街地でも降灰を観測。
住宅地や道路が一時的に灰で白くなり、火山灰が積もった様子はSNSでも注目を集めていました。

他にも数日ほど前から1000メートル前後の噴火が多発し、火山性微動の振幅が拡大しています。

気象庁は阿蘇山の活動が活発化しているとして、10月13日付で噴火警戒レベルを1から2(火口周辺規制)に引き上げると決定しました。
中岳第一火口から概ね1キロメートルの範囲は噴火に伴う大きな噴石に警戒が必要だと呼びかけ、阿蘇山の火口から離れるように注意情報を出しています。

 

気象庁 阿蘇山噴火情報
https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/fukuoka/21m10/202110141630_503.pdf

大分、宮崎の一部で降灰を確認 阿蘇山の小規模噴火
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/754454

 熊本県・阿蘇山の中岳(1506メートル)の第1火口で14日未明に発生した小規模な噴火で、気象庁は同日、白色の噴煙が最高600メートルまで上がり、県内の他に大分県竹田市、宮崎県高千穂町の一部で降灰が確認されたと明らかにした。

噴火は午前4時43分ごろ発生、大きな噴石が火口縁付近に飛散したのが観測された。13日午後3時半ごろから増大した火山性微動の振幅は噴火後、小さくなっているという。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!