新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

オミクロン株の濃厚接触者が激増!神奈川だけで300人以上、待機宿泊施設が不足 感染者のサッカー観戦などで厳しく


*神奈川県記者会見
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の濃厚接触者が激増しています。

NHKは神奈川県だけでオミクロン株の濃厚接触者が336人(17日時点)も報告されているとして、現段階で神奈川県の待機用の宿泊施設はパンク状態だと掲載。オミクロン株に感染した人や濃厚接触者には14日間の宿泊待機が求められていますが、施設の手配や対象者を施設に送る作業などで対応が限界になっているとのことです。

川崎市の等々力陸上競技場で行われたサッカー天皇杯の準決勝では濃厚接触者が観戦していたとの情報もあり、増え続ける濃厚接触者に行政の受け入れ能力が厳しくなっています。

仮に宿泊施設も限界となったときには自宅待機も認めるとしていますが、そうなると市中感染が一気に広がる可能性が高く、どっちにしてもオミクロン株の水際対策は防衛網が突破された形になりそうです。

 

オミクロン株濃厚接触者 神奈川で300人超 待機宿泊施設足りず
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211218/k10013393281000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

海外から入国した人のオミクロン株への感染が相次いで確認される中、神奈川県では、感染した人や疑いがある人の濃厚接触者が300人を超え、県は待機用の宿泊施設の手配に追われています。

厚生労働省は、オミクロン株に感染した人や、感染した疑いがある人と同じ飛行機に乗っていた全員を濃厚接触者とみなし、入国後14日間は宿泊施設で待機するよう求めていて、神奈川県では、対象者が17日までに336人にのぼっています。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!