新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

英国でオミクロン株の大規模な調査データを発表 2回目のワクチン接種では感染自体をほとんど防げず 


*イギリス資料
イギリスで専門機関が行った大規模なオミクロン株の調査データが発表されました。

この調査データによると、オミクロン株の感染力は通常の新型コロナウイルスと比べて遥かに高く、同時にワクチンの予防効果も限定的で、2回目のワクチン接種から5ヶ月以上が経過すると効果は10%程度まで減少。
2回目のワクチン接種を行った直後は一定の発症予防効果があるとしていますが、基本的に2回のワクチン接種だけでは長期的な効果は期待できないとしていました。

また、3回目のワクチン接種でも時間経過で効果の低下が見られ、ワクチン接種をしてもオミクロン株の感染そのものは防げないことが示されています。

一方で、入院率は従来の新型コロナウイルスと比べて3分の1程度まで下がり、子供の感染者でもデルタ株の半分程度でした。ワクチン接種をしたほうが入院率は低い傾向が見られ、発症予防と違って、入院予防には一定の効果があるのではないかと報告書ではまとめています。

数十万人規模の大規模な調査データだけに、かなり信頼性の高い内容だと言え、オミクロン株の特性は強い感染力とデルタ株よりは低い入院率の2つで結論づけることが出来そうです。

入院率が低いからと言ってオミクロン株を油断してよいわけではなく、感染力が従来のコロナウイルスと比べて数倍ならば、入院患者数は同じかそれ以上になります。
感染者数の増大によってさらなる変異株が誕生する恐れもあり、引き続きウイルス対策を世界規模で行う必要性があるのは変わらないです。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!