新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

第208通常国会がスタート、開会式で天皇陛下の挨拶 「国民の信託に応えることを切に希望」


1月17日に第208回通常国会が行われ、参議院本会議場では天皇陛下をお迎えして開会式がありました。

天皇陛下は開会式で新型コロナウイルスなどの問題が山積みだとして、「われわれは国会の責務を改めて認識し、充実した議論を行い、必要な施策を講じていかなければならない」「国権の最高機関として、その使命を十分に果たし、国民の信託に応えることを切に希望します」と述べ、国民のために国会の責務を果たしていくべきだと強調。

今国会では与野党の直接対決となる大きな法案は無く、岸田政権は参議院選挙を見据えて、対決路線は避けて安定を選んでいました。

そのため、目玉となるのは新型コロナウイルス対策になると思われ、すでに初日から野党側は政府の水際対策や今後の対応策を追及しています。
当選したばかりのれいわ新選組・山本太郎代表の姿もあり、これから国会論戦が激しくなりそうです。

 

第208通常国会 天皇陛下をお迎えし開会式
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220117/k10013434671000.html

第208通常国会は17日、参議院本会議場で天皇陛下をお迎えして開会式が行われました。

通常国会の開会式は、午後1時から参議院本会議場で行われました。

最初に、衆参両院を代表して、細田衆議院議長が「新型コロナウイルスの影響を依然として受ける社会経済の中にあって、内外の諸情勢は厳しく、早急に対処すべき幾多の重要問題がある。われわれは、国会の責務を改めて認識し、充実した議論を行い、必要な施策を講じていかなければならない」と述べました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!