新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

陸地が消滅したトンガ大噴火、火山灰に通信遮断 ネット復旧だけでも数週間か 日本政府がトンガ支援を表明


*@Takki_Sapporo
1月15日に南太平洋のトンガ近海で発生した大噴火について、日本政府が支援を早期に実施する考えを表明しました。

この噴火ではトンガから数十キロほど離れた地点で大噴火が発生し、発生源となった火山島は陸地ごと消滅。地域によっては最大15メートルの津波を観測しており、トンガの海底ケーブルは切断状態になってインターネットはほぼ使えない状態になっています。

CNNの報道によると、インターネットの復旧に2週間ほどは必要だと見られ、火山灰の影響で衛星経由の通信も乱れが大きいことから、しばらくはトンガとのやり取りが厳しい状況が続くとのことです。
ニュージランドやオーストラリアが哨戒機を派遣して現地の様子を撮影しましたが、火山灰で灰色に染まった市街地が写っていました。

損傷を受けている住宅や施設も多く、場所によっては40%ほどが被害を受けたとも言われています。
トンガは約10万人が住んでいるだけに、被害の規模によっては復旧まで相当な年月を要することになりそうです。

CNNより

 

トンガ孤立状態続く、大規模噴火と津波で甚大な被害
https://www.cnn.co.jp/video/

(CNN) 南太平洋の島国トンガの近海で起きた海底火山の噴火で、同国の首都ヌクアロファのニュージーランド大使館は17日、本島のトンガタプ島西海岸一帯で甚大な被害が出ていると伝えた。

ニュージーランド大使館の声明によると、トンガタプ島は全土が厚い火山灰に覆われた状態にある。SNSには、浸水被害に見舞われたヌクアロファで住民らが避難する様子や、噴煙に覆われて空が真っ暗になった様子が投稿されていた。津波は何千キロも離れた米西海岸や南米ペルー、ニュージーランド、日本でも観測された。ペルーでは少なくとも2人が高波に押し流されて死亡した。

政府、トンガ支援実施へ 官房長官「速やかに」
https://www.sankei.com/article/20220118-LF5DNJCOMVPIVP6L3P5WE477WQ/

松野博一官房長官は18日の記者会見で、大規模噴火と津波に見舞われた南太平洋のトンガに対し、早期に支援を実施する考えを表明した。トンガ政府が同日、現地の日本大使館を通じて支援を要請。松野氏は「速やかに支援を供与できるようトンガ政府と調整する」と述べた。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!