新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

容態急変で死亡が急増、先月からの報告数が151人に!自宅療養者数も40万人超える!


新型コロナウイルスに感染した方がそのまま自宅で容態が急変し、死亡する事例が先月から急増しています。
これは警視庁や厚生労働省の統計情報から判明したもので、日本テレビの記事には151人の死亡が報告されたと掲載されていました。
去年12月の報告数は3人で、1日あたりの死亡者数も150人を超える人が多く、過去最多の水準が続いています。

また、自宅療養者数に関しても全国の合計で44万人を超えており、東京都だけで約9万人の自宅療養者が報告されていました。

新規感染者の多くは新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染者で、高齢者ほど容態が急変して亡くなることが多いとのことです。
当初に毒性がデルタ株よりも低いとして楽観視されていたオミクロン株ですが、実際には一般的な新型コロナウイルスと変わらず、その危険性は残っていたと言えるでしょう。

 

東京都 新型コロナウイルス統計
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

厚生労働省 新型コロナウイルス統計
https://covid19.mhlw.go.jp/

第6波“容体急変し死亡”急増…151人に
https://news.ntv.co.jp/category/society/4270305f4d18466ea7d638b2eabf1d9d

新型コロナウイルスの第6波に入った先月、新型コロナに感染し自宅で容体が急変するなどして死亡した人が前の月から急増し、151人にのぼったことが警察庁のまとめでわかりました。
警察庁によりますと、新型コロナの第6波に入った先月1か月間に新型コロナウイルスに感染し、自宅で容体が急変するなどして死亡した人は全国で151人確認されたということです。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!