北海道の稚内でマイナス0.9℃!迫る冬に危機感!「節電が長引くと危険」「冬に地震が来たら・・・」


北海道の稚内で今季初となる氷点下を観測しました。9月11日は稚内で最低気温がマイナス0.9℃まで低下し、北海道の広い範囲で気温が低下。冬に向けて大気の状態も急激に変化している状態で、地元民からは長引く節電に危機感が強まっています。

北海道では秋の期間が非常に短く、10月には雪が降り出す場所があるほどです。節電が長期化すると冬の時期を直撃する恐れもあり、火力発電所の完全復旧が11月になると政府が発表してから不安の声が増加。
慌てて早めの冬支度をしている世帯も居るほどで、これから北海道は重要な局面を向けることになると見られています。

 

北海道に近づく冬、稚内は零下に「早く節電終わって」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00000131-asahi-soci

札幌市内の保育園長は「正直早く節電が終わってほしい」と嘆く。停電が復旧しても、暗い廊下に出たり、電気のついていないトイレに入ったりすると急に泣き出す園児もいる。停電が子どもたちの心理に与えた影響が大きいと感じる。園内では事務室や廊下などは極力電気を消すが、園児がいる場所だけは電気を消せない。「早く園内全体を明るくして、ケアを進めたいのに……」

天気予報
https://weather.yahoo.co.jp/weather/

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    9月上旬に氷点下って、北海道ではよくある普通のこと?
    京都大学講師がMUレーダー照射による気象操作を内部告発して話題になっていたから
    なんかモヤッとする

  • 匿名 より:

    >京都大学講師がMUレーダー照射による気象操作を内部告発して話題
    ああ、なんか反グローバリズムの馬鹿オタクがなんかツイートしてましたっけね(笑)

  • 匿名 より:

    寒さ到来130年以来だって
    来月には、大雪だったりして
    ヤバイよ
    みんな~大丈夫か~

  • 匿名 より:

    何をどうすればここまで長引くんだ
    てか東北電力とかから電力融通できんの?

  • 匿名 より:

    冬に大地震来たら道民ほぼ全滅しかねない。

    これじゃ原発再稼働もやむを得ないか・・

  • 匿名 より:

    1:38さん
    本州から60万キロワット送ってるよ

  • 匿名 より:

    やはり来たか
    火力発電所に消防車待機してたら
    壊れて停止中
    凍死する前に逃げた方が良い。
    富良野の私人の家は、たまに電気消えるって
    付いたり消えたり。
    ヤバイって言ってるから
    電車や飛行機が動いてるうちに、春までこっちにおいでっての~
    とりあえず、冷蔵庫付きのエアコン有りで
    ワンルームでも暖かく寝れれば良いよ
    以外と敷金やら無しって有るし~
    考え方シフトするしか無い
    死んじゃうよ

  • 匿名 より:

    火力の燃料は軽油だってさ

  • 匿名 より:

    北海道の冬を心配してくださっている方、ありがたいですが、北海道の家屋は本州以上に防寒がしっかりしているので、多くの家庭は大丈夫ですよ(北海道民は冬に本州へ行くと屋内の寒さに風邪をひくとよく言われています)。
    ただ、純粋な道産子たちはむしろ寒さに弱いので(部屋で暖房をガンガンにたいて半袖になり汗をかきながらアイスを食べる)、大変かもしれませんが。
    なんてったって、かつてアイヌの人々は電気も石油もないなかで暮らしていたわけですから。
    一部の高齢者や病気の方、貧困層の方へのケアがきちんとできれば、冬でも暮らしていけます。逆にいえば、そのような方々へのケアは、行政がしっかりおこなってください。

  • 匿名 より:

    今こそアイヌから学ぶべきなんだな(ただし「ゴールデンカムイ」を進めている訳じゃないけどな)。

  • 匿名 より:

    ゴールデンカムイって金塊を探す漫画か
    「美幌 金塊」でググってみてね
    このスケールのでかい話が着想のもとになったんじゃないかな