新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

「電力需給ひっ迫注意報」を初発令!電力供給の予備率が5%以下の見通し 東電管内で節電呼びかけ


政府が「電力需給ひっ迫注意報」を初めて発令すると発表しました。

NHKの記事によると、猛暑の影響で電力供給の予備率が5%を下回る見通しだとして、東京エリアを対象にして27日から電力需給ひっ迫注意報を発令するとのことです。
電力の使用状況が厳しくなると予想されているのは午後4時半から午後5時までの時間帯で、一時的に予備率は3.7%まで下がると予想されています。

東京電力はダムの「揚水発電」を最大限活用するとしていますが、それでも厳しいことから政府が「電力需給ひっ迫注意報」の発令に踏み切った形です。

ただ、猛暑の影響で冷房などの節電は命に関わる恐れもあり、政府は「冷房などを適切に使用しながら、使わない部屋の電気を切るなどの節電を」と呼び掛けています。

 

「電力需給ひっ迫注意報」初発令 東電管内 あすの節電呼びかけ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220626/k10013689271000.html

厳しい暑さの影響で東京電力の管内では27日、電力供給の余力を示す「予備率」が5%を下回る見通しだとして、政府は新たに設けた「電力需給ひっ迫注意報」を初めて発令しました。熱中症の危険性が高まっているため冷房などを適切に使用しながら、使わない部屋の電気を切るなどの節電を求めています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!