新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【速報】経産省が臨時会見!注意報から警報への切り上げも検討  初の電力ひっ迫注意報発令で


経済産業省が初めて発令された「電力ひっ迫注意報」について記者会見を行い、今後の状況によっては注意報を警報に引き上げることも検討していると明かしました。

6月27日は昼の時点で関東地方の最高気温が38℃付近まで上昇。これを受けて磯崎官房副長官は記者会見で熱中症にならないよう無理ない範囲で節電を実施するように呼び掛け、適切に冷房などを使うように求めていました。

東京電力の管轄内における電力予備率は1.2%までひっ迫する見込みで、経済産業省も記者会見を通して、「さらなる気温上昇があれば、注意報から警報への切り上げもあり得る」と言及しています。
今後も1週間ほどは記録的な猛暑日が関東地方で続くと予想されており、引き続きしばらくは厳しい電力需給が続くことになりそうです。

 

【速報】“午後4時~5時に特に厳しい予想” 初の電力ひっ迫注意報発令で経産省が会見
https://news.yahoo.co.jp/articles/b48645135c8ddfc6e3e225736f8f0c5a48442383

東電管内で、初の電力受給ひっ迫注意報が発令されたことを受け、経済産業省は27日午前、会見を開き、「引き続き夕方が厳しい状況にある」と話した。

【速報】東電管内 初のひっ迫注意報 電力予備率は1.2%見込み
https://www.fnn.jp/articles/-/380796

気象庁は27日午前、関東甲信で、観測史上最も早く梅雨明けしたとみられると発表した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!