新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

フランス政府が日産・ルノーの経営統合を通達!カルロス・ゴーン氏は交代、持ち株会社化を軸に!対立激化の恐れ

*日産
フランス政府が日本政府に対して、日産とルノーの経営統合を行う方向だと通達しました。
報道記事によると、フランス政府は共同持ち株会社方式で日産とルノーの経営統合を行う予定で、逮捕されているカルロス・ゴーン元会長は交代するとのことです。

今回のカルロス・ゴーン元会長の逮捕劇にはルノーと日産の経営統合問題があると言われていましたが、それが公式な形で認められたと言えるでしょう。日産は日本にとって重要産業の1つを担っている大企業だけに、こうなってくると日本とフランスの全面対決の構図になるかもしれません。

 

仏政府、日産・ルノー経営統合の意向 持ち株会社軸に  ゴーン退場 自動車・機械 ヨーロッパ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40237720Q9A120C1905M00/

【パリ=白石透冴】フランス政府の代表団が18日までに、共同持ち株会社方式を軸に仏ルノーと日産自動車を経営統合する意向を日本政府関係者に伝えたことが分かった。ルノーの筆頭株主である仏政府はかねて両社の一体化を求め、日産側は仏側主導の統合構想に反発してきた。日仏連合の要だったカルロス・ゴーン元日産会長の逮捕で両社の対立が表面化しており、新たな連合の経営体制を巡る攻防が激しさを増しそうだ。

関連過去記事

カルロス・ゴーン会長の逮捕、日産&ルノーの経営統合阻止が真の理由だった!?EU軍創設を巡る外交戦も
https://johosokuhou.com/2018/11/21/10345/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!