新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【速報】トラブルで福島の勿来火力発電所9号機が停止!最大出力60万kW、電力の使用状況95% 今日も電力需給ひっ迫注意報


*勿来発電所
福島県の勿来発電所(なこそはつでんしょ)が30日午前3時頃に設備のトラブルで運転停止状態になったことが分かりました。

NHKの記事によると、停止したのは東京電力の管内で電力を供給している福島県の火力発電所「勿来発電所」で、設備のトラブルから夕方頃まで運転が止まっている状態が続くとのことです。
出力は最大60万キロワットとなっており、夕方頃には半分程度の出力で運転再開を目指すとしています。

東京電力の発表だと、電力の使用状況は95%と高止まり状態が続き、国からも電力需給ひっ迫注意報が発令されている状態です。
勿来火力発電所が止まっても電力需給をギリギリのラインで維持することが出来る見通しですが、ピークの時間帯だと予備率は5%以下となることが多く、国や電力会社は節電を強く呼び掛けています。

 

東京電力 発電状況
https://www.tepco.co.jp/forecast/

福島 勿来火力発電所 トラブルで運転停止 東電管内に電力供給
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220630/k10013695391000.html

東京電力の管内に電力を供給している福島県の火力発電所が30日午前3時ごろ、設備のトラブルで運転を停止しました。電力の需給が最も厳しくなる夕方までには半分の出力で運転再開を目指すとしています。

東電管内の使用率(午後7時半) 電力供給力に対する需要の割合
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220629/k10013693491000.html

東京電力によりますと、管内の電力の供給力に対する需要の割合を示す「使用率」は午後7時半から午後8時までの実績で89%でした。
政府は東京電力の管内で「電力需給ひっ迫注意報」を継続していて、熱中症に警戒し冷房などを適切に使用しながらできるかぎりの節電を求めています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!