新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

森友文書の改ざん疑惑、財務省がコメント!「多少削るなどした部分はあるが改ざんには当たらない」


森友学園の国有地売買契約の文書が一部書き換えられていた問題で、財務省側の見解が分かりました。

報道記事によると、財務省は今回の文書改ざん疑惑について、「資料をまとめる過程で多少削るなどした部分はあるが、改ざんには当たらない」などと述べ、資料の変更を認めながらも改ざんは否定したとのことです。
麻生太郎財務相も事実関係の断定は避け、大阪地検が捜査中であることを理由に具体的なコメントはしませんでした。

野党は「事実なら内閣総辞職に値する」として攻勢を強めており、3月6日までに発表される財務省の調査状況説明に注目が集まっています。

 

森友文書疑惑で攻防=財務省の説明焦点
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018030300464&g=pol

 政府関係者によると、財務省では「資料をまとめる過程で多少削るなどした部分はあるが、改ざんには当たらない」との説明で乗り切る案が浮上。別の関係者は「近畿財務局の担当レベルの文書であり、本省幹部は事情を知らない」と語り、政権中枢に累が及ばないよう神経をとがらせている。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!