新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【森友問題】夫人付職員と今井尚哉首相秘書官の連絡、安倍首相が遂に認める!


4月11日の衆議院予算委員会で、安倍晋三首相が今井尚哉首相秘書官と安倍昭恵夫人付の谷査恵子氏が連絡を取っていたことを認めました。

野党からの追及を受ける形で安倍首相は事実関係を認めますが、「森友側とのやりとりは谷氏が自発的に行っていた」と強調しています。両者のやり取りがあったのは昨年3月で今井尚哉首相秘書官が安倍昭恵首相夫人付の政府職員だった谷査恵子氏に電話していました。

電話の中身は森友問題の確認だと報道されており、谷氏は2015年11月にも森友学園の籠池泰典前理事長の要請を受け、財務省に様々なデータを照会しています。

安倍昭恵夫人付の谷氏と首相官邸の今井尚哉秘書官が繋がっていたことを示す情報だと言え、これを認めたのは非常に大きいと言えるでしょう。

 

首相秘書官が夫人付職員に電話 森友問題、首相認める
https://this.kiji.is/356771637057766497

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、今井尚哉首相秘書官が昨年3月に安倍昭恵首相夫人付の政府職員だった谷査恵子氏に電話し、森友問題の事実関係を確認していたことが11日、分かった。安倍晋三首相が衆院予算委員会で認めた。

谷氏は2015年11月に森友学園の籠池泰典前理事長の要請を受け、財務省に照会し、結果を森友側にファクスで返信していたが、首相は予算委の質疑で森友側とのやりとりは谷氏が自発的に行っていたと強調した。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!