新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福田淳一事務次官、セクハラ発言を否定!「女性記者と会食をした覚えもない」「名誉毀損だ」


週刊新潮が音源を公開した福田淳一事務次官の女性記者に対するセクハラ発言ですが、16日に本人がコメントを発表しました。
福田氏は一連の報道について、「女性記者との間でこのようなやり取りをしたことはない。音声データによればかなり賑やかな店のようであるが、そのような店で女性記者と会食をした覚えもない。音声データからは発言の相手がどのような人であるか、本当に女性記者なのかも全く分からない」と述べ、週刊新潮の記事内容を全面否定しています。

また、報道内容を否定した上で、「報道は事実と異なるものであり、名誉毀損に当たることから新潮社を提訴すべく準備を進めている」などと法的措置に関しても言及していました。

本人は週刊新潮側と徹底抗戦するみたいで、予想以上に強気のコメントとなっています。しかしながら、音源のデータが実際に公開されているわけで、この否定は非常に見苦しい印象があると言えるでしょう。
安倍首相も更迭を検討しているというような情報も見られ、福田氏を巡る騒動はまだ続きそうです。

 

福田財務次官 調査に対し「セクハラに該当する発言 認識ない」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180416/k10011405591000.html

財務省は、複数の女性記者に対しセクハラと受けとられる発言をしていたと報じられた福田淳一事務次官に対する聞き取り調査の結果を16日に発表しました。

この調査は、財務省の矢野官房長が福田次官に行いました。
発表された調査結果によりますと、まず週刊誌が報じた女性記者とのやり取りや音声データについて、福田次官は「女性記者との間でこのようなやり取りをしたことはない。音声データによればかなり賑やかな店のようであるが、そのような店で女性記者と会食をした覚えもない。音声データからは発言の相手がどのような人であるか、本当に女性記者なのかも全く分からない」として、やり取りの信ぴょう性を否定しています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!