新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

愛媛県の加計文書、農水省側から提出要請していた!柳瀬氏面会を事前に把握か


農水省から発見された愛媛県の加計文書について、元々は農水省側から県に対して提出を求めたものであることが分かりました。

報道記事によると、農水省は2015年4月の面会直後から面会の事実を把握していたようで、「どんなやり取りがあったのかを至急確認したい」などと県側に要請の連絡をしていたとのことです。

政府関係者はメディアの取材に対して、「農水省が県に面会記録の提出を求めたのは、学部開設を進めようとする官邸側や学園などの動向を探るためだった」とコメントしています。

農水省側からの要請だったことで県が虚偽の文書を提示したとは考え難くなり、首相秘書官らと加計学園の関係者らが面会したという情報が事実である可能性が高まったと言えるでしょう。
当時の首相秘書官だった柳瀬氏は「記憶の限りでは会っていない」と発言し、面会の事実を否定しています。

今週中にも与野党が柳瀬元首相秘書官の国会招致で合意すると見られているだけに、この辺の経緯を当事者に再確認する必要性がありそうです。

 

「加計」愛媛県文書 農水省が提出求める 柳瀬氏面会情報を把握
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018041690070138.html

 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部開設を巡り、農林水産省で見つかった愛媛県職員作成による柳瀬唯夫首相秘書官(当時)らとの面会を記した文書は、県が農水省の要請で、二〇一五年四月の面会直後に同省へ提出したものだったことが政府関係者への取材で分かった。柳瀬氏らと面会する情報をつかんだ農水省から「どんなやり取りがあったのかを至急確認したい」と連絡があったという。

農水省は当時、獣医学部の開設に慎重で、政府関係者は「農水省が県に面会記録の提出を求めたのは、学部開設を進めようとする官邸側や学園などの動向を探るためだった」と証言している。県の担当者が国への提出文書に虚偽を書く可能性は考えにくく、内容の信ぴょう性が高まった。

柳瀬氏は「記憶の限りでは会っていない」と面会を否定している。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!