新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

沖縄市長選で自公応援の現職再選!翁長知事に黄色信号か 腫瘍で知事選も不透明


沖縄県の翁長知事が危うい状態になっています。4月22日に行われた沖縄市長選挙で自民党や公明党などが推薦する現職の桑江朝千夫氏が当選確実となりました。
かつては沖縄県で連戦連勝の翁長知事でしたが、ここに来て選挙では負けが目立ってきています。原因は長く続く反基地運動への不満や翁長県政に対する失望感で、基地以外の政策で自公側に支持が流れている印象です。

更には翁長知事のすい臓から腫瘍が見つかり、先日に手術を受けたばかりとなっています。秋に沖縄県知事選挙が控えていますが、翁長知事の出馬を含めて情勢は非常に不透明になってきたと言えるでしょう。
自公は今回の選挙戦の勝利をバネにして、知事選も与党側の候補者を擁立して勝利を目指すとしています。

 

沖縄市長選で現職再選 自公“追い風に” 翁長知事の動向注目
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180423/k10011413751000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006

秋に予定されている沖縄県知事選挙に向け、自民・公明両党は、22日に行われた沖縄市長選挙で推薦した現職が再選されたことを追い風にしたい考えです。
一方、沖縄県の翁長知事は、知事選挙に立候補するかどうか明らかにしていない中、すい臓に腫瘍が見つかり、手術を受けたこともあり、今後の動向が注目されます。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!