新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

硫黄山の噴火、下流の川からも基準超のヒ素!環境基準の3倍 作付けを断念へ


霧島連山の硫黄山が噴火した後に、ふもとの川から基準を超えるヒ素などが検出された問題で、上流から遠く離れた下流付近からも有害物質が検出されたことが分かりました。

報道記事によると、宮崎県が下流の川を調査したところ、環境基準値の3倍に匹敵するヒ素が検出されたとのことです。宮崎県えびの市を流れる長江川では200倍の有害物質を検出した場所もあり、噴火の影響で大量の様々な物質が川に流れ込んでいると見られています。

約3倍のヒ素が検出された下流は、長江川よりもさらに下流の川内川です。予想よりも有害物質の範囲が拡大していると考えられ、地元の行政機関は川の周辺で井戸水やわき水を飲み水として使わないよう呼びかけています。

また、川の水を使っている田んぼを対象にして、米などの作付けを断念することも決まりました。今後も噴火が収まるまでは、有害物質の数字が高い状態が続きそうです。

 

宮崎 硫黄山噴火 下流の川でも基準3倍のヒ素
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180502/k10011425671000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_017

宮崎県の硫黄山のふもとの川で先月の噴火のあと水が白く濁り、環境基準を超える有害物質が検出されたことを受け、宮崎県がさらに下流の川を調べた結果、環境基準の3倍のヒ素が検出されたことがわかりました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!