新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福島県のモニタリングポスト、83基が台風で停止状態に!いわき市などの放射線量データが届かず・・・


台風19号の影響で福島県の放射線量を測定するためのモニタリングポストが停止状態になっていることが分かりました。

原子力規制庁によると、停止しているのは台風19号の被害が大きかったいわき市や本宮市などの合わせて83基のモニタリングポストで、停止の直接的な原因は現在調査中となっています。
モニタリングポストの故障について原子力規制庁は、「これらのモニタリングポストの設置場所は、台風による被害が甚大な地域であることから、原因の確認、再開測定には時間を要する見込み」と述べ、復旧にはかなりの時間が必要になりそうだとコメントしていました。

福島県内にはモニタリングポストが約3700基あり、福島県全域の放射能測定に関しては大きな影響は出ないと見られています。

福島第一原発では先日から核燃料への注水停止作業や3号機の核燃料取り出し作業が続いているだけに、今後も放射線量の水位には注意したいところです。

 

令和元年台風第19号によるモニタリングポストへの影響について
https://www.nsr.go.jp/news_only/20191016_01.html

令和元年10月16日原子力規制庁
福島県を中心に設置しているモニタリングポストについて、現在、一部の可搬型モニタリングポスト、リアルタイムモニタリング測定システムで測定できていない事象が発生しています。
計測できない原因については、台風第19号の影響も考えられますが、原因の特定には、現地確認を行う必要があります。しかし、これらのモニタリングポストの設置場所は、台風による被害が甚大な地域であることから、原因の確認、再開測定には時間を要する見込みです。

福島 台風影響で一部のモニタリングポストが測定できず
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191016/k10012135401000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

台風19号の影響で、福島県内に設置している放射線量を測定する「モニタリングポスト」80基余りが測定できなくなっていることがわかりました。原子力規制庁が詳しい原因を調べています。

福島県には、放射線量を測定している「モニタリングポスト」がおよそ3700基ありますが、原子力規制庁が調べたところ、いわき市や本宮市などの合わせて83基のモニタリングポストからデータが届かなくなったということです。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!