新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【警戒】新燃岳で大噴火の恐れ、山の隆起を観測!地震は700回以上!マグマが激増中か


九州南部にある霧島連山の新燃岳で噴火の前兆が観測されました。

気象庁によると、5月2日頃から火山性地震の回数が激増しており、この24時間だけでも700回を超える地震を捉えたとのことです。

また、山が膨らんで大きくなる「隆起現象」も観測され、気象庁はマグマの供給を示している可能性があるとして噴火警戒レベル3を継続すると発表しました。

新燃岳では今年3月から噴火活動が継続中で、今も非常に活発な活動が続いています。前回の噴火でもかなりの規模でしたが、今回の前兆現象からそれを超える大噴火になる可能性もあると言えるでしょう。
念の為に気象庁が注意を呼び掛けているエリアから離れている場所でも、新燃岳の動きには注意・警戒をするようにしてください。

 

火山名 霧島山(新燃岳) 火山の状況に関する解説情報 第72号
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/volinfo/VK20180503160000_551.html

平成30年5月3日16時00分 福岡管区気象台・鹿児島地方気象台
1.火山活動の状況
新燃岳では、昨日(2日)03時頃から、主に新燃岳火口の北側2km付近を震源とする火山性地震が増加し、21時以降さらに増加しました。その後も引き続き多い状態で経過していますが、次第に減少しています。
新燃岳火口直下を震源とする地震は少ない状態です。火山性微動は観測されていません。

傾斜計では、昨日、新燃岳の北西の深い場所での変動と考えられる傾斜変動が観測されましたが、昨日23時頃から停滞しており、本日(3日)は特段の変化はみられていません。

本日、噴煙は白色で火口縁上60mまで上がりました。

4月30日からの火山性地震、火山性微動、爆発的噴火の回数は以下のとおりです。回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。なお、5月1日までは主に新燃岳火口直下を震源とする地震です。

火山性地震  火山性微動  爆発的噴火
4月30日          22回     0回     0回
5月 1日          31回     0回     0回
2日         777回     0回     0回
3日00時から03時 172回     0回     0回
03時から06時  56回     0回     0回
06時から09時  23回     0回     0回
09時から12時  15回     0回     0回
12時から15時  11回     0回     0回

新燃岳では、活発な火山活動が続いていることから、今後の火山情報に注意してください。

新燃岳 山が隆起する地盤変動を観測 マグマ供給か
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180503/k10011425851000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

宮崎と鹿児島の県境にある霧島連山の新燃岳の周辺で2日から火山性地震が増加し、山が隆起する地盤の変動も観測されています。気象庁はマグマの供給を示している可能性があるとして噴火警戒レベル3を継続し、火口から3キロの範囲で引き続き大きな噴石や火砕流に警戒を呼びかけています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!