新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【緊張】イラン部隊がゴラン高原に攻撃!イスラエルがシリアに報復!アメリカは追加制裁へ


中東情勢の緊張感が高まっています。シリアに展開しているイラン部隊がイスラエルの制圧下にあるゴラン高原にロケット砲で攻撃を行いました。
攻撃があったのは5月10日未明で、約20発のロケット弾がゴラン高原に発射されたと発表されています。

これに対してイスラエルは報復攻撃を実施し、シリアにミサイルを発射しました。国営シリア・アラブ通信(SANA)も事実関係を認め、大半が迎撃されたと報じています。
今年に入ってからイスラエル軍がシリアのイラン関連施設に空爆を繰り返していたことから、イラン部隊が反撃に出てロケット砲で攻撃した可能性が高いです。

一方で、先日にイランとの核合意を破棄したアメリカは、来週にも追加制裁を実施すると表明しました。トランプ大統領はイスラエルを全面支援するとしており、その一環でイランへの圧力を大幅に強める方針です。

ホワイトハウスのサンダース報道官は記者会見で、「われわれはイランに対して巨大な制裁を科し、最大限の圧力を加えていく」と述べ、アメリカの姿勢を強調しました。
アメリカ&イスラエルVSイラン&シリア&ロシアの構図になってきたところで、中東情勢の先行きは不透明感が強まっています。

 

動画:イスラエル軍、イラン軍の「特異な動き」受けミサイルや戦闘機準備
http://www.afpbb.com/articles/-/3173918

米政権 来週にもイランに新たな制裁へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180510/k10011433181000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_011

アメリカのトランプ政権は、イランの核合意から離脱したことを受けて、イランに対して最大限の圧力を加えていく姿勢を示し、早ければ来週にも新たな制裁を科す方針を明らかにしました。

イラン、ゴラン高原にロケット弾発射 イスラエルはシリアで報復攻撃
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000007-jij_afp-int

【AFP=時事】(更新)イスラエル軍は10日未明、シリアに展開するイラン部隊がロケット弾やミサイル約20発を占領地ゴラン高原(Golan Heights)のイスラエル軍に向けて発射したと発表した。イスラエル軍は報復としてシリアをミサイルで攻撃。国営シリア・アラブ通信(SANA)によると、「数十発」が防空システムによって撃墜された。

ロシアとイスラエルが首脳会談 イランめぐる問題を協議
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180510/k10011433151000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_020

ロシアのプーチン大統領とイスラエルのネタニヤフ首相は9日、モスクワで首脳会談を行い、ネタニヤフ首相は、自衛のためとして、シリアに展開するイランの勢力に対し越境攻撃を続けることについて理解を求めました。これに対しプーチン大統領は、これ以上事態をエスカレートさせないよう、イスラエル側に自制を求めたものと見られます。


 


*管理人コメント
トランプ大統領は超がつくほどのイスラエルやユダヤの熱心な支持者です。先日の核合意の破棄は序章に過ぎず、これから中東情勢は混迷を深めることになるでしょう。

シリアやイランの同盟国であるロシアも黙っているとは思えず、イスラエルの攻撃激化やシリアの内戦等が複雑に絡み合って、将来的には大きな戦争の引き金になるかもしれません。
少なくとも、中東情勢の動きは第三次世界大戦まで行く可能性もゼロではないです。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!