新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【方針転換】安倍晋三首相「日中は今日、この日をもって協調の時代に入った」

*官邸
5月10日に安倍晋三首相と中国の李克強(り・こくきょう)首相が都内で開催された日中平和友好条約締結40周年記念で共同記者会見を行い、日中の友好関係を強調しました。

安倍首相は記者会見の中で「競争から協調へ。日中関係の船出に当たり、日中は今日、この日をもって協調の時代へ入った。私はここでそう申し上げたいと思います」と述べ、日本と中国は協調関係に変化したと発言。

上記の発言に続けて、「日本と中国が手を携えればできないことはない。地域、さらには世界の様々な課題にもっと大きな責任を果たしていくことができると確信しています」とも言及し、アジアのインフラ事業でも積極的に協力する方向で合意したと発表しています。

今まで安倍政権は対中包囲網を強調していただけに、この発言は非常に大きな方針転換だと見ることが出来るでしょう。天皇陛下との会見でも日中友好が全面に押し出された形で、これをキッカケにして今後の日中関係が良い方向で前進することを期待したいところです。

 

中国文化展示会及び日中平和友好条約締結40周年記念 李克強中華人民共和国国務院総理歓迎レセプション
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201805/10china.html

 もう既に複数回乾杯をさせていただきましたが、この後私も乾杯させていただきますから、お付き合いしていただきたいと思います。
昨日の首脳会談で李総理は、日中関係を船に例えて、再出港させよう、そして可能な限り遠くまで行こうとおっしゃいました。私も全く同感であります。40年前、私も李総理も、当時20代の若き青年でありましたが、当時の福田赳夫(たけお)総理と鄧小平(とう・しょうへい)副総理という2人の偉大な政治家がここ東京で日中平和友好条約を批准し、40年間にわたる日中関係の羅針盤をつくり上げてくれました。

否、政治家だけではありません。その裏には当時の経済人の皆さん、日中友好団体の皆さんなど、日中両国の各界、各層の人々の活躍があったことは申し上げなければならないと思います。こうした先人たちの努力に対して、改めて深い敬意と感謝の気持ちを表したいと思います。そして、今を生きる私たちもまた、次の時代を担う日中の青少年のために次なる40年に向けた日中関係の新たな羅針盤をしっかりとつくり上げていく。

その大きな責任を有していると思います。競争から協調へ。日中関係の船出に当たり、日中は今日、この日をもって協調の時代へ入った。私はここでそう申し上げたいと思います。日本と中国が手を携えればできないことはない。地域、さらには世界の様々な課題にもっと大きな責任を果たしていくことができると確信しています。アジアの旺盛なインフラ需要に応えるため、今回、省庁横断の官民委員会を設けるとともに、私と李克強総理のリーダーシップの下に官民が一堂に会するフォーラムを設置することで合意いたしました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!