国連安保理が緊急会合、イスラエルの市民銃撃に抗議!「国際法に違反」⇒米「デモ隊が悪い」


5月14日のイスラエル建国記念日に合わせて行われたパレスチナ人の抗議デモにイスラエル軍が銃撃を繰り返した事件を受けて、国連の安全保障理事会で緊急の会合が開かれました。
会議ではイスラエルの行為に抗議の声が相次ぎ、イスラエル側に対して「市民への無差別な武力行使で、国際法に違反している」などと批判の言葉が飛び交います。

これに対してアメリカのヘイリー国連大使は「ガザでの暴力の原因が大使館の移転にあるというのは全くの誤りだ。暴力はイスラエルの存在を否定するものが引き起こしている」と反論し、パレスチナ側を批判していました。
今回の事件を重く見たアラブ諸国は会合を要請し、パレスチナ住民の保護を求める決議案を提出する方針です。

ただ、パレスチナ住民の保護決議案はアメリカなどが反対すると見られ、拒否権を行使されれば、可決するのは不可能となります。トルコとイスラエルの対立関係も激化している状態で、中東情勢が悪い方向で動き出しているところです。

 

安保理で緊急会合 イスラエル軍の発砲に非難や懸念相次ぐ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180516/k10011439951000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_027


アメリカ大使館のエルサレムへの移転に抗議するパレスチナ側のデモで多数の死傷者が出ていることを受けて、国連の安全保障理事会で緊急の会合が開かれ、イスラエル軍がデモ隊に実弾を発砲したことなどに各国から非難や懸念の声が相次ぎました。

トルコとイスラエルの対立深まる
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180516/k10011440001000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_015

アメリカ大使館のエルサレムへの移転に抗議する多数のパレスチナ人がイスラエル軍の発砲で死傷したことをめぐり、これに批判を強めるトルコとイスラエルは、互いに外交官を事実上追放したり、激しい言葉で非難し合ったりして対立を深めています

続きを読む

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)