新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

懲戒請求騒動に橋下徹氏が参戦!ネット右翼を一般市民扱いで擁護!「弁護士らは言語道断」


ネット右翼らが多数の弁護士に無差別的な懲戒請求を送り付けた問題で、大阪の市長だった橋下徹氏が参戦しました。

橋下氏は今回の騒動について、「懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき非行事実にあたるとみなすことも可能」と述べ、一般市民に対する脅迫だと弁護士らを批判。

また、今の法制度では大量の懲戒請求は想定の範囲内だとして、「この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか。明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか」などと疑問を投げ掛けていました。

どうやら、橋下氏は扇動されて大量の懲戒請求を送り付けたネット右翼よりも、それに対応した弁護士らのほうが悪いというようなスタンスみたいです。基本的には反訴した弁護士の批判が多く、彼の発言はネット上でも強い批判を受けていました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!