新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

アメフトの違反タックル問題、日大と関学大の見解が対立!スポーツ庁も懸念!監督の意思を忖度か


アメリカンフットボールの試合中に日大の選手が重大な反則行為をした問題が波紋を広げています。
キッカケは5月6日に都内で行われた日大と関西学院大の定期戦で、日大の選手が無防備な状態だった関西学院大の選手を背後からタックルで突き飛ばした反則行為です。

このタックルの瞬間は映像にも記録されており、その様子が瞬く間に広がって、スポーツ庁の鈴木大地長官が「衝撃的で非常に危険なプレーで容認できない」とコメントする事態になりました。

タックルを受けた関西学院大の選手は全治三週間の負傷で途中交代を余儀なくされ、ネット上では「監督や日大側の意向があったのでは?」などと言われています。
日大側は「意図的に指示したことはない」との調査結果を先日に発表し、意図的なタックルである可能性は全面否定しました。

これに対して本日17日に関西学院大が記者会見を開き、「日大回答は誠意あると言えず」などと日大の対応を批判。関西学院大と日大の対決模様となってきています。
ちなみに、会見前のメディア取材では複数の関係者が「日大の内田正人監督の指示だった」と証言していました。

 

アメフト問題 関学大が会見「日大回答は誠意あると言えず」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180517/k10011441701000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

日本大学のアメリカンフットボール部の選手が関西学院大学との定期戦で重大な反則行為を行った問題で、関西学院大の記者会見が午後1時半から始まりました。
会見は、兵庫県西宮市で行われ、関西学院大の鳥内秀晃監督と小野宏ディレクターが出席しています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!