新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【驚愕】種子の自家採種、農水省が原則禁止に大転換か!?自家採種禁止に衝撃!法改正も視野

*種子
種苗(シュビョウ)を巡って農水省が大きな方針転換を検討していると報じられています。
日本農業新聞によると、 農⽔省は農家が購入した種苗から得た種や苗を使う「⾃家増殖」について、これまでの容認方針を一変して原則禁止にする方向で検討を行っているとのことです。

今までは種子の自家採種は自由で、自家採種が禁止されることはほぼありませんでした。農水省は優良品種の海外流出を防ぐ狙いがあるとしていますが、個人や農家が大きな打撃を受けることになるのは確定的だと言えるでしょう。

しかも、今年から種子法の廃止も実行されており、自家採種禁止とセットで法案を運用されると、企業経由で種子を買うしか無い状態になります。種子の販売は海外企業が強く、海外だとモンサント社のような遺伝子組み換え種子も問題になっているところです。

 

種苗の自家増殖 「原則禁止」へ転換 海外流出食い止め 法改正視野、例外も 農水省
https://www.agrinews.co.jp/p44074.html

農水省:自家採種を原則禁止に?
http://blog.rederio.jp/archives/3506

 とんでもない情報が飛び込んできた。これまで種子の自家採種は基本的にOKで、自家採種禁止されるケースは例外だった。これを逆にして、自家採種は原則禁止に変える方向で農水省が検討に入ったというのだ。主要農作物種子法を廃止して、民間企業の支援政策に熱心な農水省がさらに、種苗法を企業のさらなる利益になるように変えようということだろうか?

日本農業新聞 種苗の自家増殖 「原則禁止」へ転換 海外流出食い止め 法改正視野、例外も 農水省

もっとも、日本政府はすでに1998年に種子企業に自家採種禁止の権限を持たせるUPOV1991年条約の批准をしており、それに合わせて種苗法を変えている。2004年の研究会で農水省は今後は種子の育成者(その多くは種子企業)の権利を守るために自家採種を制限していく方針を確認している(研究会報告書)。

その制限の方法としては
1. 原則自家採種禁止。自家採種を例外として扱う。
2. 原則自家採種容認。自家採種禁止を例外として扱う。
の2つがある。現行種苗法は2の方法を取ってきた。自家採種できない種苗が年々増えてくる形だ。しかし、日本農業新聞が伝えるのは、農水省はこの1に転換することを検討しているということだ。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!