新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

キラウエア火山の噴火、溶岩が海に流れ落ちる!海水と反応して塩酸雲!重傷者も発生


5月上旬から続いているハワイ・キラウエア火山の噴火ですが、遂に島から溢れ出た溶岩が海に流れ落ちました。

海に流れ落ちた溶岩は海水と化学反応を引き起こし、周囲に強い毒性の塩酸雲を発生させています。塩酸やガラス粒子を含む水蒸気が広がっているとして、地元当局は海沿いを中心に注意を促しているところです。

また、5月19日には溶岩流に囲まれて逃げ場を失った住民の1人がはねた溶岩と接触して重傷となり、溶岩の範囲もドンドン拡大しています。このままだと島の全域に有毒ガスが蔓延する恐れもあるほどで、地元当局は避難指示の範囲を広げて住民に避難を呼び掛けていました。

↓現地の様子 海外メディアより

ハワイ島の溶岩が海に流出 海水との化学反応で有毒の“塩酸雲”が発生
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000134-spnannex-soci

 キラウエア火山の噴火に伴う溶岩の大量流出が新たな局面を迎えた。22カ所で発生した亀裂から流れ出た溶岩は20日になってハワイ島南東部の海岸に到達。AP通信によれば、溶岩は海水に到達して化学反応を起こし、塩酸やガラス粒子を含む水蒸気が上空に立ち上って有毒の“塩酸雲”となった。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!