新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日大アメフトの反則、被害選手の父がコメント!厳しい刑事告訴も検討へ 「激しい憤り」


日本大学のアメリカンフットボールの選手が試合中に関西学院大学の選手にタックルをした問題で、日大選手の記者会見を見た被害者の父親がコメントを発表しました。

被害者の父親は大学を通じてコメントを発表し、「激しい憤りを覚える。監督やコーチが最初から息子にけがをさせようとしていた。絶対に許されないことだ。このような指示を出すこと自体あってはならないことだし、さらに強制し追い詰めるやり方は社会のルールを逸脱している」と言及。
また、被害届を取り下げることも検討していたと明かした上で、「今回の会見を見て刑事告訴も検討せざるをえない状況だ」などと刑事告訴まで踏み込む考えを強調していました。

今回の記者会見で日本大学の監督やコーチらがタックルを強要していた可能性が高いことが分かったことから、被害者側も「日大の問題を追求する必要性がある」と実感したと見られています。

 

アメフト 被害選手の父「激しい憤り 刑事告訴も検討」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180522/k10011448431000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006

日本大学のアメリカンフットボールの選手が試合中に関西学院大学の選手に後ろからタックルしてけがを負わせた問題で、日大の選手は反則行為を前監督やコーチに指示されたことを明かしました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!