新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

財務省が森友問題の交渉記録を提出!900ページ分の資料!「理財局の一部職員が破棄を指示した」

*財務省
5月23日に財務省が国会に森友学園問題の交渉記録を提出しました。交渉記録の量は900ページ分もあり、財務省側と籠池前理事長らのやり取りが細かく掲載されていると見られています。
また、同時に決裁文書も約3000ページ分が公開され、ダンボールに詰め込まれた資料が国会に運び込まれたところです。

この交渉記録は国会答弁で理財局が「破棄した」と繰り返していたもので、財務省は提出時に「国会答弁で説明していたことが事実と異なっていたことを、深くおわび申し上げる」と謝罪しました。

一方で、理財局の一部の職員が実際に交渉記録破棄の指示をしていたとも明かし、財務省の佐川前理財局長が去年の国会では木に言及してから、整合を合わせるために動いたと報じられています。

森友学園問題を巡っては理財局長よりも上の地位の人から指示があったという疑念が消えず、理財局の職員が指示したとしても単独で動いたとは考え難いです。

 

森友問題 財務省 「廃棄」と説明の交渉記録提出
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180523/k10011449001000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

森友学園への国有地売却をめぐり、財務省は、「廃棄した」と説明してきた学園側との交渉記録が見つかったとして衆議院予算委員会の理事懇談会に提出しました。財務省は、理財局の一部の職員が、保管していた交渉記録を廃棄するよう指示していたことを明らかにし、指示の経緯などを調査したうえで、速やかに結果を報告すると説明しました。

「森友」交渉記録 理財局職員が破棄指示
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180523/k10011448861000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

森友学園への国有地の売却をめぐる問題で、財務省は「廃棄した」と説明してきた学園側との交渉記録が見つかったとして23日、国会に提出します。また去年2月に問題が明るみになったあと、財務省理財局の一部の職員が保管してあった記録を廃棄するよう指示していたことが新たにわかり、財務省の対応が厳しく問われることになります。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!