新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【驚き】ナスカの地上絵、ドローン調査で新しい絵を25以上も発見!猿や女性、シャチなど

*ナスカの地上絵
世界遺産で有名な南米ペルーの「ナスカの地上絵」で新しい絵が発見されたことが分かりました。

新しく発見された絵は猿や女性の踊り子、シャチなどで、少なくとも25以上が確認されたと報じられています。調査を行ったのは地元の考古学者らで、ドローンを使って調査で判明しました。

いずれの絵も数百年前に栄えたパラカス文化で作られた物だと見られ、今になって新しい絵が続々と発見されたことに世界中から驚きの声が相次いでいます。

未だにナスカの地上絵が作られた理由が分かっておらず、古代文明が空からしか確認できない絵を書いたことは世界最大のミステリーとなっているところです。

 

ナスカで新たな地上絵 ドローンでの調査で発見 ペルーhttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20180529/k10011456971000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005


世界遺産に登録されている南米ペルーの「ナスカの地上絵」の近くでドローンによる調査を行ったところ、サルや女性の踊り子などを描いた地上絵が新たに25以上、見つかりました。

「ナスカの地上絵」は、およそ2000年前にペルー南部のナスカ台地に描かれた巨大な絵で、動物や幾何学的な模様など1000点以上が確認されています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!