西日本豪雨、ダムの放流が賛否両論に!「放流で犠牲増えた」「放流しなければダム決壊」


西日本豪雨の最中にダムの放流が行われ、結果的に川の氾濫や増水が引き起こった問題について賛否両論の議論となっています。
ダムの放流は緊急時のみに行われる臨時の対応で、今回は大雨によってダムの水位が限界寸前となり、ダムの決壊を防ぐために予防措置として放流が行われました。

愛媛県西予市に甚大な被害をもたらした「肱川」や岡山県倉敷市真備町の「高梁川」の氾濫は、いずれもダムの放流が後押しになったと見られています。
高梁市の防災責任者はダム側に「これ以上流すと氾濫するから、もう放流はしないでくれ、頼むからやめてくれ」などと放流を止める要請をしており、住民の中にはダムの放流を知らずに巻き込まれた方も居たと報道されていました。

最終的にはダム側が「これ以上は耐えきれない」と判断した形で放流が行われましたが、この放流によって犠牲者が増えてしまった事実は揺らがないところです。
ダムが決壊すると数千人規模の犠牲者が出る恐れもあったと言え、ネット上ではどちらの判断が正しかったのかを巡って激論が続いています。

 

もう放流はしないでくれ」水没の街にみたダム行政の”限界”【西日本豪雨】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00010002-fnnprimev-soci&p=2

「氾濫するから、ダムの放流はしないでくれ」
当日、スタッフが聞いたダムの放流サイレンは、ダム側から連絡を受けて市が鳴らした。その中で高梁市の防災責任者は、こんなやりとりがあった事を明かした。

高梁市の防災責任者「実は河本ダムに言ったんですよ。『これ以上流すと氾濫するから、もう放流はしないでくれ、頼むからやめてくれ』と。でも河本ダムからは『放流しなければダムが決壊する。そうなればもっと甚大な被害が出るから無理です』と言われました。そのタイミングは…観測所の水位が8メートルの危険水域を超えていたのが午後7時前だったので、その後だったと思います」

愛媛 ダム放流「下流域の被害は予想もやむをえず」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180711/k10011528881000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003


愛媛県大洲市や西予市に甚大な被害をもたらした「肱川」の氾濫について、川の上流にあるダムを管理する国土交通省四国地方整備局の担当者らが会見を開き、「下流域の被害は予想されていたが、想定外の雨量で、放流はやむをえなかった。住民への情報周知については適切だった」などと説明しました。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    尚、杉は土砂災害を起こしやすいという誤解をしている人も多いですが、元々土砂災害が起きやすい場所に生える特性があるので勘違いされがちです。
    スギを他樹種に置換した場合に土砂災害が減るか検討した研究は多くありますが、基本的に否定されています。
    http://www.ad-hzm.co.jp/trr/hazama/2008/pdf_file/06.pdf
    https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-12660131/

  • 匿名 より:

    杉は花粉症があるのでやめていただきたい

  • ロハスな人 より:

    2018年7月17日 10:47 PMさん>
    非常に興味深い文献をご提示していただいてありがとうございます。
    川に最終的には流れる『一時的保水力』と『蒸発して川には流れない消失保水力』を踏まえると、少なくとも洪水対策としては『針葉樹より広葉樹の方が必ずすぐれているとは言えない(木の種類や洪水の程度にもよる)』ものの、『針葉樹林(人工林)の手入れを怠ると、大きな弊害が出る』ことは間違いないようですね。
    (※さまざまな動物の住処になる…という点では広葉樹林は大切な役割を果たしているとは思います。)

  • 匿名 より:

    >2018年7月17日 10:47 PM

    サッと目を通しただけですが、興味深い文書ですね。
    森林の持つ消失保水力が渇水を助長してしまう。特に水不足に陥りやすい瀬戸内地域では避けたい問題でしょう。かといって今回のような突発的な水害の危険性を考えれば森林の一時的保水力は重要…、難しいなぁ…
    大変勉強になりました。

  • 匿名 より:

    いえ、針葉樹と広葉樹に対する誤解について先程から他の資料も書き込んでいるのですが何故か反映されてないのです。
    少々お待ちください。

  • 匿名 より:

    針葉樹林と広葉樹林の保水力には明確な差はないという資料 1
    http://www.ffpri-skk.affrc.go.jp/sj/sj28p2.html

  • 匿名 より:

    針葉樹林と広葉樹林の保水力には明確な差はないという資料 2
    http://www.yamaiki.com/sawagurumi/files018.htm

  • 匿名 より:

    尚、杉は土砂災害を起こしやすいという誤解をしている人も多いですが、元々土砂災害が起きやすい場所に生える特性があるので勘違いされがちです。
    スギを他樹種に置換した場合に土砂災害が減るか検討した研究は多くありますが、基本的にどれも否定されています。
    https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-12660131/
     
    いずれにしても、多大な降雨量に対して樹林保水力の微々たる差ではどうにもなりません。
    あくまでダムの運用の話と、ハザードマップでの危険区域に指定されている意味を理解して避難するべきである・・・という話になります。

  • 匿名 より:

    ちなみにロハスな人さんが引用した文の「木に値段」についても、まるで現在がタダ同然かのような書き方では語弊というか間違いレベルですね。
    e-Statや原木需給.com等の推移統計を見れば分かると思いますが確かに80年代の高度成長期は特需で高騰していました。
    しかし輸入木材との競争となった現在は適正価格として値段がついています。
    従って当然ながら山々が荒れ放題という現実もありません。
    林業従事者に聞かれたら笑われると思いますがどこの地方の話なのでしょうか。

    経済アナリスト藤原直哉氏 とありますが、突っ込みどころだらけでとても経済アナリストの見地とは思えません。
    同意できるのは生態系や野生動物等に関しての意見くらいです。

  • 匿名 より:

    なんか山を作り替えるみたいな膨大な話になってきてるけど
    ここダムの話ね
    ダムの管理をシステム化するだけでヒューマンエラー
    放水タイミングのミスとかはなくせると思うんだけど
    その辺誰も詳しい人居ないの?

  • 匿名 より:

    いたとしても理解する人間の頭が足りてなきゃ話にならねーから

    ダム放流の会見見たけど、説明全部聞いた上で「他にやりようはなかったのか」とか言ってるバカがいてどうしょうもねーなって思ったわ

  • ロハスな人 より:

    『土を保持し、土砂災害を防止』するという観点から森の防潮堤協会の方たちが提唱する『多様な樹種から構成される森』へ少しずつ転換していくというのが『雑木林』ができてくれば間伐などの手間をかける必要が減る…という点からもいいと思うのですが。
    (※リンク先は『東日本大震災の津波』に言及してますが、土砂災害を起こす洪水に関しても同様のことが言えると思います。)
    http://morinobouchoutei.com/?page_id=62
    森の防潮堤協会

    (中略)
    被災したクロマツ海岸林では、トベラやマサキといった広葉樹が生き残っており、東北地方の海岸には、タブノキやシロダモといった常緑広葉樹を中心とした森が残されています。

    海岸に近く、土壌条件の非常に厳しい環境ではクロマツも必要かもしれませんが、単一種ではなく、津波を乗り越えて生きる広葉樹が混生する森こそが、地域に最も適した防潮林ではないでしょうか。
    多様な樹種から構成される森は、世代交代を繰り返しながら存続し、自然の猛威の前に痛むことはあっても、たくましい生命力で萌芽再生します。
    単一種植栽と異なり、病虫害にも強く、枝葉が密に茂ることにより防風・防砂機能を有し、そして万が一の津波にも波砕効果により、津波のエネルギーの減衰が期待できます。

  • 匿名 より:

    そりゃこういう被害を起こさないためにダムを造ったと思ってる住民からしたら
    文句の10や100は出て当たり前だと思うよ
    本当に水害を減らすならダムよりも河川工事が先で
    川を掘り下げて、堤防を盛って固めて、最大耐久降雨量を割り出して
    それでも足らないならダムも有効でしょうよ
    ここも河川工事の申請は何十年も昔から続けてたらしいけど、通らなかったんだってさ
    それは当然ダムがあるから、優先順位が下がった結果
    今後ますますこうした降雨量の災害が増えるとするなら
    古い考えの基設計されているダム中心の治水対策では、同じことが何度も起こるだろうね

  • 飛翔 より:

    菅直人氏のツイート
    ネトウヨのリツイートは嘘とペテンばかり。
    https://twitter.com/NaotoKan/status/1017963360107692032
     

  • 飛翔 より:

    >ネトウヨのリツイートは嘘とペテンばかり。
    リツイートの方がだいぶ頭のいいツイートですね。菅擁護派は頭が弱いですね。

  • 匿名 より:

    >2018年7月18日 9:35 AM
    もしかすると「放流」という言葉で勘違いをされているのかもしれませんが、ここでいう放流とは貯めていた水を流しているというのではなくダムの上流から流れてきた水をそのまま下流へ流しているようなイメージです。
    決して貯めた分を上乗せして放流したわけではありません。
    以上は勘違いでないなら捨て置いて下さい。

    さて、もちろん河川工事は必要でしょう。
    しかしダムが無い場合の流速・水圧に耐えられる河川設計にどれだけの費用や土地が必要となるのか、どちらがより有効かについては専門家でもない我々があれこれ言ってもしょうがないのでは?
    結局のところ治水に対する費用対効果の話でダムが選ばれているのではないかなと各地のダム見学に行っている私は思うのです。

  • 匿名 より:

    今更だけど、このグラフで見る場合、確実に溢れることが分かっていても
    朝5時まで放流量300tしか放流出来ていなかったことが大きな問題点
    河川に全く余裕がなかったのなら全体の想定が甘い設計ミスとも言えるし
    河川にまだまだ余裕があっても基準の300tしか放流していなかったというのならマニュアル判断のミス
    早朝に氾濫するよりもある程度人が動ける時間での放流で人的被害は少なくすんだ結果になったとは思うけどね

    とにかく全ての場所で今までとは全く規模の違う
    想定出来ていない雨が降るのがこれからなのだから
    古い考え、設計のままでは国は守れないよ

  • 匿名 より:

    ダムにもね「農業用に確保しなくてはいけない水位」があるんです。ダムによりますが。
    それを確保しないと、またマスコミがガーガーいうでしょ?
    そこんとこはちゃんと取材してあるの?どうせしてないでしょ?