新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日本とEUがEPA(経済連携協定)に署名!TPPを超える巨大な自由貿易圏に!「歴史的な一歩」


7月17日に安倍晋三首相とEU(ヨーロッパ連合)のトゥスク大統領らがEPA(経済連携協定)の署名式を行いました。この経済連携協定では農産物や工業製品の関税を撤廃するとしており、農林水産品の関税撤廃率はおよそ82%となっています。

「脱脂粉乳」や「バター」、「チーズ」などは新たな枠を設けて、日本側が多くのEU製品を輸入することで合意。「ワイン」は協定が発効した直後に関税を即時撤廃します。
また、「パスタ」の関税や「チョコレート菓子」の関税も協定発効の10年後に撤廃することで合意しました。

この協定に参加しているのはイギリスを含む28か国のヨーロッパ諸国で、EPAが発効すれば、計6億3000万人余りの巨大な自由貿易圏になります。
国内総生産の総額は21兆ドルを超え、貿易の総額も世界全体の37%近くを占める規模です。

TPP(環太平洋経済連携協定)よりも規模が大きな自由貿易圏で、日本の農家からはヨーロッパの安い農産物によって経営が圧迫されることを懸念する声が相次いでいます。

 

日本とEU 経済連携協定に署名
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180717/k10011537101000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004


安倍総理大臣とEU=ヨーロッパ連合のトゥスク大統領らは、日本とEUの定期首脳協議のあと共同声明を発表し、今回のEPA=経済連携協定の署名は、自由貿易を力強く前進させていくもので、保護主義に対抗する力強いメッセージだと強調しています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!