新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

自民党総裁選がスタート!石破茂氏「全てを焼き尽くす覚悟で」安倍首相「最後の総裁選だ」


9月10日から自民党総裁選が本格的に開始となりました。

石破茂氏は自民党本部の一室で出陣式を行い、石破派の議員らおよそ40人ほどを集めて「国民一人一人の幸せを実現し、所得を増やして、将来に安心できる社会をつくる。皆様の、国を思い、党を思う心を決して無にすることなく、全身全霊ですべてを焼き尽くす覚悟で臨む」と決意を表明します。
安倍晋三首相も所見発表演説会で「私にとって最後の総裁選だ」と述べ、憲法改正や経済政策を中心に強くアピールしました。

情勢は安倍晋三首相が議員票の7割以上を固めていると言われていますが、党員票の行方が不透明で、石破派が何処まで票を増やすのかに注目が集まっています。
14日には日本記者クラブ主催の公開討論会なども予定しており、選挙結果によっては日本の政治情勢を大きく変えることになりそうです。

 

自民党総裁選、論戦スタート 安倍・石破両氏が所見を発表
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35156310Q8A910C1MM0000/

 自民党総裁選の本格的な論戦が10日、始まった。安倍晋三首相(総裁)は同日午前、党本部で開いた所見発表演説会で「私にとって最後の総裁選だ」と強調。「いよいよ憲法改正に取り組むときが来た」と述べ、改憲に意欲を示した。石破茂元幹事長は「これだけ働いて賃金が上がらない日本であってはならない」と述べ、地方や中小企業を重視した経済政策への転換を訴えた。

自民総裁選「すべてを焼き尽くす覚悟で」石破氏 出陣式で
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180910/k10011621481000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

立ち会い演説会を前に、石破陣営の出陣式が自民党本部で開かれ、石破派と竹下派の参議院側、それに派閥に所属していない議員らおよそ40人が同じ青のチーフをつけて出席しました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!