山形県産のサクラシメジから基準値超のセシウム検出!1キロあたり300ベクレル、自主回収へ

*サクラシメジ
山形県産の野生キノコ「サクラシメジ」から基準値を超える高い放射性物質が検出されて自主回収となりました。

自主回収となったのは山形県の大江町と尾花沢市で販売された野生キノコ「サクラシメジ」で、厚生労働省が2018年9月19日に行った買い上げ調査で判明したと報じられています。

山形市産のサクラシメジからは基準値の3倍にあたる1キロあたり300ベクレルの放射性セシウムが検出され、既に1箱350グラム入りが6箱販売となりました。
現在も自主回収を行っているところで、他にも尾花沢市の「道の駅尾花沢」で販売していた市内産のサクラシメジからも基準値以上のセシウムが検出されています。

山形県には福島原発事故の放射性物質がまだ残っており、今回の放射性物質も事故後に蓄積した放射性物質の一部が原因となっている可能性が高いです。

 

野生キノコ「サクラシメジ」から基準値超える放射性物質・販売施設が自主回収 山形
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00010001-sakuranbo-l06

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)